‘作ってみた’ カテゴリーのアーカイブ

iPhone OS 3.0 のブラウザから使えるようになったGPS現在位置情報をTwitterに投稿するJavaScript

iphone

Google Maps API V3 と Gears Geolocation API 使って Android のブラウザで現在位置情報を取得する | クレコ では、Androidのブラウザで現在位置情報取得してTwitterにポストするというJavaScriptを作りました。

今回は、それのiPhone版です。要 iPhone OS 3.0以上なので、まだアップデートされてない方は本日のアップデートを楽しみに待ちましょう。

(さらに…)

投稿スラッグをGoogle AJAX Language APIで英訳するWordPressのプラグインを作った

投稿スラッグをGoogle AJAX Language APIで英訳するWordpressのプラグインを作った

それは、どういうものですか?

WordPressのURLとして使われる投稿スラッグ。これは、標準だと投稿タイトルをURLエンコードしたものが自動的に使われて、やけに長くなるしかっこ悪い。

んで、ぼくは投稿タイトルを逐一英訳して投稿スラッグとして入力しているんだけど、ボキャ貧なので通じるかどうかわからない怪しげな英語になってしまう ><

そこで、自動的に投稿タイトルを英訳してくれて、それが投稿スラッグになってくれると素敵だなと思い、Wordpressのプラグインを作ってみました。

(さらに…)

Google Maps API V3 と Gears Geolocation API 使って Android のブラウザで現在位置情報を取得する

先日のGoogle Developer Day 2009 にて、GoogleさんからAndroid携帯である GDD Phone をいただいたので、早速Androidライフを楽しんでる毎日です。素敵なオモチャをありがとうございます!

ネイティブアプリの地図でGoogle Latitudeをいぢりたおしたりしてるんですが、地図大好きっ子としては自分で位置情報を活用したいところ。

そんな折、ジークルーの佐々木さんから

@shinagaki 自分が今日どこを歩いたかが履歴でMapに表示されるAndroidアプリって知らない?

って遠まわしに作れって言われた気がしたので、Android界隈の位置情報について調べてみる。

(さらに…)

TwitterをSoftalkのゆっくりボイスでしゃべらせる

(完成動画。時々でてる音は録画用に使ったMacの音です、紛らわしくてごめん。)

2chのスレやしたらば、カキコなどの掲示板をSoftalkで読ませるフロントエンドはあるんだけど、Twitterのタイムラインを読ませるっていうのは見つからなかったので作ってみた。

TwitterのAPIを読むだけなので、スクラッチで書いてもそんなに難しいものではないんだけど、勉強がてらPythonのpython-twitterというライブラリを使ってみる。

追記:新しくエントリーを書きました

TwitterをSoftalkのゆっくりボイスでしゃべらせる 2 | クレコ

(さらに…)

GeoPo Twitterクライアントを自分用に作ってみた

20090329_geopotwitter 

自分で使うためだけにGeoPoを付加できるiPhoneのTwitterクライアントを作ってみた。

NatsuLiphone 1.00のソースを公開しました – takuma104.log

githubで公開されているものを利用させていただいたので、僕は多少のUIとイベント、そしてジオポの符号化ソースを加えるだけ。とても有益なものを公開していただき、ありがとうございます。

(さらに…)