ぐるっとパス行脚5日目。多摩六都科学館の生解説プラネタリウム

先週に続いての9月2回目の三連休。天気予報は秋晴れ予想で、ぐるっとパス行脚が捗るな。

9月21日(土曜日
前回に引き続いて多摩エリアを攻略していく。
多摩エリアは都心のエリアと違って、電車で行くのに困難な場所が多いため、自転車で周ったほうが早かったりする。

朝9時に自転車で自宅を出発。途中で多摩六都科学館にプラネタリウムの予約をするために寄った(後述)。

23. 江戸東京たてもの園

東京都は、1993年江戸東京博物館の分館として敷地面積7haを擁する江戸東京たてもの園を建設しました。当園では現地保存が不可能な文化的価値高い歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産を次代に継承することを目指しています。

20130921_1

どでかい小金井公園の一角にある江戸東京たてもの園。入り口の手前には屋台が並んでて賑やか、流行りの久慈のまめぶ汁とかあるし、ジュルル。

園内は歴史的価値のある建造物を移築して復元、展示してある。東海地方で言えば、明治村みたいな所か。

(さらに…)

ぐるっとパス行脚4日目。台風が来ている中、ひとり動物園

前回の次の日、三連休の中日である。

9月15日(日曜日
台風が来ていて近所の川が氾濫しているが、ぐるっとパス行脚をしなくちゃいけないのである。
豪雨で何も役に立たない傘をたたんで、びしょ濡れ姿のまま電車に乗り込んだ。

20. 町田市立国際版画美術館

世界でも数少ない、版画を中心とする美術館。2万3千点を越える幅広い収蔵品が魅力です。版画に親しむひとときを、緑豊かな芹ヶ谷公園の散策とともにお楽しみください。

京王井の頭線から小田急小田原線へ乗り継いで、はるばる神奈川県の町田へ。

町田駅から15分ほど歩いたところにある町田市立国際版画美術館は、ぐるっとパス対象施設では最も外れにあるので難易度高し。

20130915_1

美術館の手前には急な坂道があって、歩道もないので車には注意。

(さらに…)

ぐるっとパス行脚3日目。自転車で環八沿いを巡って、お台場でめんまを見つけた

ぐるっとパス行脚が始まってから、2回目の週末である。今週末は敬老の日があるので三連休。その初日。

9月14日(土曜日
今日はPHPカンファレンスに参加するため、会場となる大田区産業プラザまで行かなくちゃいけない。なので、自転車で環八を通って蒲田まで向かうついでに、途中にあるスポットを訪問したいと思う。

15. 武者小路実篤記念館

文学、美術、新しき村の活動ほか、幅広い武者小路実篤の業績と作品を紹介。展示はテーマごとに五週間で入れ替わります。晩年を過ごした邸宅が残る実篤公園に隣接。

大抵10時開館となっている施設が多い中、ここは朝9時から開いている。環八からは少し外れることになるが行くことにした。

実篤公園と旧実篤邸

仙川駅方面から行く場合、武者小路実篤記念館の前に実篤公園を通る。実篤公園は元々、武者小路実篤が晩年過ごした邸宅で、その邸宅がそのまま保存されている。

20130914_1

土日祝日には内部公開を行っているそうだ。今回は時間が合わなかったが、テラスを通れば外からも中の様子を見ることができる。

20130914_2

渋谷駅の「←ヒカリエ」風に「←ヒカリモ」と書かれたナビに導かれてヒカリモを見学。鮮やかに輝いて見える。都内で見ることができるのは実篤公園だけらしい。

(さらに…)

ぐるっとパス行脚2日目。東京オリンピック開催決定の日、国立競技場のスポーツ博物館へ

初日に続いて、次の日もぐるっとパスの行脚をしたよ。

9月8日(日曜日
テレビで2020年夏季オリンピックの開催都市決定をずっと待っていた午前5時、いや散々焦らされて午前5時20分。「Tokyo!」東京が開催都市に決まった。

あー、こりゃ、新宿都庁に行くしかないね。

東京都庁都民広場で行われた東京誘致決定報告会

20130908_1

日曜の朝10時だというのに、人がわらわら集まっている。自分もそうだが、みんな嬉しくて居ても立ってもいられなかったんだな。

(さらに…)

ぐるっとパス初日。区立博物館や私立美術館やらを気合入れて巡る旅(3)

電気ブランクズに成り果てた、(2)の続き

8. 石洞美術館

石洞美術館は2006年4月に開館した足立区の私立美術館です。(公財)美術工藝振興佐藤基金初代理事長の佐藤千壽(1918~2008)が収集した、世界各地の土器や陶磁器・青銅器・玉器などを中心に展示しています。

奥の細道 矢立初めの地

東京メトロの最寄り駅、南千住駅から10分くらい歩く。

20130907_3_1

途中の千住大橋近くには、松尾芭蕉が奥の細道に旅立った場所として、石碑のある公園。

(さらに…)