‘Twitter’ タグのついている投稿

GeoPo Twitterクライアントを自分用に作ってみた

20090329_geopotwitter 

自分で使うためだけにGeoPoを付加できるiPhoneのTwitterクライアントを作ってみた。

NatsuLiphone 1.00のソースを公開しました – takuma104.log

githubで公開されているものを利用させていただいたので、僕は多少のUIとイベント、そしてジオポの符号化ソースを加えるだけ。とても有益なものを公開していただき、ありがとうございます。

(さらに…)

ジオポTrack(仮)を作ったよ

20090224_geopotrack

まだ、(仮)なので実用に乏しいけど、形だけでも作っておいた。
http://geopo.at/track/index.php?creco_test
注意:URLは仮ですので、リンクしてもなくなっちゃう可能性があります。

どういうサービスかというと、
Twitterにジオポを付加してポストしていくと、それがそのままルートとして地図上に表示してくれるというライブトラッキングサービス。

Ajaxで1分ごとに自動更新され、Twitterのタイムラインを読みにいくので、もし頻繁にジオポをポストするユーザをフォローしてるなら、かなり正確なトラッキングルートができるはず。

ぶっちゃけ

全部JavaScriptで動いてるので、サーバは必要なかったりする。ユーザのマシンでタイムライン取りに行ってもらった方が効率いいしね。

ジオポ – 位置情報の短縮URLサービス

20090219_geopo

昨日の夜、全然眠れなくていろんなことがアイデアとして浮かんできたんだけど、とりあえず、そのうちの一つを今日がんばって作ってみた。

ジオポ

http://geopo.at
Geolocation Pointer略してジオポ。

Twitterで「ココにいるよ!」などといった位置情報が送りたいときに、ジオポを使えばtwitterの140文字制限を気にすることなく、少ない文字数で位置情報を添付できて、地図を確認してもらえるよ。

使い方は簡単(今はメンドクサイ)、ジオポのトップページから緯度と経度を入力してジオポURLを作るだけ!(そんなのメンドクサイから、Twitterクライアント作ってる方に実装してもらえるように努力しますヨ。)
上部に作成されたジオポURLをTwitterなどにコピペすればokだよ。

で、これ使って何か利点あるの?

(さらに…)

山手線ウォーキング with Twinkle

20090218_twinkle東京で暇さえあれば、ウォーキングしてるんだけど、今回はiPhoneというガジェットを持ち、Twinkleで投稿しながらウォーキングしてみたので、そのレポート。

今まで、山手線をウォーキングしたことあるのは、田端~東京間と目黒~池袋間、だから今回は東京から目黒に向かってみる。丁度、デブサミ会場である目黒に行きたかったのもある。

歩きながら東京から目黒までの各駅でTwinkleに写真付きで投稿するという方法。改めて、Twinkleというアプリを説明すると、GPSからの現在位置情報を元にして周囲のつぶやきを拾ってくるTwitterクライアント(正確にはTwinkleとTwitterの2つにポストするということになる)。

それでは、スタート。


(さらに…)