登山する人にオススメしたい、自宅で楽しむ登山ゲーム3選

The Long Dark オーロラ

登山している人にとって今の時期は、富士山やアルプスに挑む夏、紅葉が美しい秋が過ぎ、冬をまたいで雪解けの春まで山に登りに行くのは暫くお休みという人も多いだろう

そんな外に出て山に登ることができない鬱憤を晴らすために、家に居ながらして登山気分を楽しめるPCゲームを3タイトル紹介したい

Getting Over It with Bennett Foddy

Getting Over It with Bennett Foddy タイトル

ゲーム実況映えすることで流行ってるバカゲー、マゾゲーの『Getting Over It with Bennett Foddy』
下半身が壺となった男が長いハンマーを振り回し、不自由な姿で岩場やガラクタでできた山を上へ上へと登っていくアクションゲーム

Getting Over It with Bennett Foddy 最初に躓くポイント

マウスでハンマーを操作して進んでいくのだが、操作感覚がなんとも独特。思い通りに操作できないもどかしさにイライラさせられストレスフルw 登山というのは自分との闘いでもあることに気付かされる
このゲームの作者が、懐かしのFlashゲーム『QWOP』を作った方と聞いて至極納得した。あれもイライラしながらもプレイしてしまう、魅力に溢れたゲームだったっけ

価格は820円。先週の12月7日にリリースされたばかりなのでまだ一度もセールされていない
英語版でよいならHamble Troveにあるので、そちらでダウンロード可能

The Long Dark

The Long Dark ダムでの夜明け

『The Long Dark』は極寒の雪山に遭難し、衣服や食料を現地調達しながら生き抜くというサバイバルゲーム
狼や熊といった敵対する野生動物もでてくるが、なにより最大の敵は自然の脅威

The Long Dark 焚き火に着火

暖を取るために焚き火をするのさえ、運が悪けりゃ失敗する。種火から火が燃え移るまでのシークエンスに一喜一憂させられるが、無事に火がついた時の安堵感で今までの緊張が解けていく瞬間が本当に好き
焚き木を拾うため外に飛び出て時間を忘れ、ふと夜空を仰ぐと目に写る煌めくオーロラは何とも言えぬ美しさ
雪山の中を探索してるうちに吹雪いてホワイトアウト、どこに向かっているかわからなくなるほど方向感覚がなくなり、ぐるぐると同じ場所を彷徨う。これを登山用語で”リングワンダリング”と呼ぶが、例えゲームの中だとしても実体験することで得る教訓は沢山ある

The Long Dark 吹雪

価格は3,480円。長らくアーリーアクセスが続いていた本作だが、今年の夏に正式版としてリリース、チュートリアルにもなるストーリモードが搭載された
ちょうど、Humble Monthlyという福袋タイプのバンドル販売(複数のゲームを組み合わせて販売)で、2018年1月分として公開されているタイトルに『The Long Dark』が入っている。来年1月6日までに購入すれば12ドルで手に入れられるチャンスでもある(月単位で自動契約なので、心配な方はすぐに解約を)。オマケに『Quantum Break』や他数本のタイトル、上で紹介したHamble Troveでは40タイトル以上のDRMフリーゲーム(『LIMBO』『Shadowrun Returns』などちょっと古い有名ゲームもあり)がダウンロードできるという太っ腹サービスなので、1ヶ月だけ契約するのがオススメ

Mountain

Mountain 山になる

Steamで山のゲームといったらまず『Mountain』を思い浮かべる人も多いはず。「あなたは山です」と突然言われて山となり、その山を神の視点からひたすら眺めるだけのシミュレーション(?)ゲーム

Mountain 空からハートが降ってきた

最初に出される3つのお題に対して、自由に絵を描いて答えると山が生成。あとは特に何もすることはないが、
キーボードで音楽を奏でて雪を降らせたり、時折宇宙空間から降って山に突き刺さるゴミを抜いたりと楽しみ方はそれぞれ。私の持っているSteamゲームで、唯一プレイ時間が1,000時間を超えてるゲームだったりする
このシュールなセンスについてこれた人には、同じ作者の『Everything』というゲームも是非プレイして欲しい。こちらは山どころか何にでもなれるという壮大なスケールの世界観

Mountain 宇宙から衝突

『Mountain』の価格は98円だがセール中には半額となり、ガリガリ君よりも安くなる。ガリガリ君を食べるか、それとも山になるかのどちらかを問われたら、誰しもが後者を選ぶことは自明だろう

もうすぐ始まるSteamのウィンターセール

3タイトルとも全てSteamで販売されているゲーム
Steamといえば、12月22日からウィンターセール(ホリデーセール)が始まる予定なので、登山ゲームに拘らずセールで安くなったゲームで正月休みを過ごすのも良いかもしれないですね

あと登山ゲームで思い浮かべるのが、登山隊を率いて未踏峰の登頂を目指すガチ登山シミュレーションゲームとして名高い、初代プレイステーションで発売された『蒼天の白き神の座』。ゲームアーカイブス入りか、今のハードでリメイクされれば絶対買うんだけどなぁ・・・

ヤマノススメ聖地巡礼 – 箱根駒ヶ岳

ヤマノススメ原作

【九十二合目】箱根駒ヶ岳

  • メンバー:あおい、ひなた
  • アクセス:新宿駅-〈小田急箱根高速バス〉-大涌谷-〈伊豆箱根バス〉-箱根園-〈箱根駒ヶ岳ロープウェイ〉-山頂駅
  • コース:山頂駅~箱根駒ヶ岳(1,356m)~箱根神社元宮
  • 備考:大涌谷で入山禁止を知り、バスとロープウェイで回り込んで駒ヶ岳山頂へ。ロープウェイを下りたあとは温泉(山口家と読めるがどこだろ?)
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年11月27日[日帰り]
コース:駒ヶ岳山頂駅→駒ヶ岳(箱根)→駒ヶ岳山頂駅

大涌谷の火山活動で神山ハイキングコースの通行止めが続いていて、ロープウェイでしか頂上へ行くことができないので、通行止めの解除を待ってから訪れようかとも思っていたが御殿場ハイキングのついでに立ち寄ることにした

駒ヶ岳ロープウェイ箱根園駅
箱根駒ヶ岳ロープウェイ箱根園駅

駒ヶ岳ロープウェイからの車窓
乗員101人の大型ゴンドラで7分の空中散歩
平日の中途半端な時間だけど、外国人多めの観光客で満員
スピーカーを通して観光案内してると思うんだが、ほぼ聞き取れず

自然林と植林の境界笹薮と自然林の境界
植林と自然林の境界がくっきり
しばらく登ると今度は笹薮との境界

箱根駒ヶ岳ロープウェイ降り場駒ヶ岳ロープウェイ山頂駅
駒ヶ岳山頂駅
重厚なコンクリート作りで寂れ具合がいい味だしてる

丘の上の箱根神社元宮
丘の上に箱根神社元宮

神山ハイキングコースへの道
人気がない山頂駅の裏手に回ると長らく封鎖されている神山ハイキングコースへ向かう道が

箱根駒ヶ岳頂上
箱根神社元宮より低いであろうコンクリ片と岩が散乱してるところに山頂標柱

箱根神社元宮箱根神社元宮
箱根神社元宮

東側のアンテナ箱根神社元宮と頂上駅
遊歩道の最西端にはアンテナ
あいにくの曇りで展望はできず

芦ノ湖パノラマ
芦ノ湖をパノラマ撮影

芦ノ湖芦ノ湖

頂上駅頂上広場
この山頂駅、志免炭鉱所の竪坑櫓みたいな雰囲気が漂ってる

頂上駅のコンクリ頂上駅
このコンクリート壁の剥がれ方とかたまらない

箱根神社元宮までの階段はあるものの、一周するのに30分程度もかからないのでハイキングというより散歩感覚
平日にも関わらず箱根には結構な観光客(ほぼ外国人)がいるんですね

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 御殿場トレイルコース<下双子山>

ヤマノススメ原作

【五十五合目】《トレイルラン》富士山 御殿場トレイルコース

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな、楓
  • アクセス:新宿駅-〈特急あさぎり〉-御殿場駅-〈タクシー〉-御殿場口新五合目
  • コース御殿場口新五合目(1,440m)~幕岩~下双子山(1,804m)~御殿場口新五合目
  • 備考:部長にトレランザック、ポール、靴とゲイターを貸してもらう
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年11月27日[日帰り]
コース:水ヶ塚公園→幕岩→三辻→四辻→上塚→双子山→幕岩→水ヶ塚公園

御殿場市街地から富士山スカイラインへ。富士山はすっかり雪化粧だが、道路は雪もなく道路凍結もしてない
本来なら原作と同じ御殿場口新五合目駐車場から周回したかったが、既に冬季閉鎖(11月中旬ごろ)されていたので、そこから西へ3kmほどの水ヶ塚公園駐車場からのスタート

水ヶ塚公園駐車場
水ヶ塚公園駐車場は周りが開けているので、駐車場から富士山がよく見える。車で訪れた観光客も目の前の富士山を写真に収めていた

須山登山口須山登山口 ルートマップ
水ヶ塚公園駐車場から道路を挟んで須山登山口

富士宮ルートと御殿場ルートの分岐
登山道を奥に入ってすぐ富士宮ルートと御殿場ルートの分岐

須山御胎内ハイキングコース
特に登り下りはないが、自然に任せたコースだからなのか、ぐるぐるとカーブに振り回されるまま、森の中を歩いて行く

南山林道との分岐少し分かりにくい
ここで広くえぐり掘られた下り道(南山林道)へ導かれてしまう

ここを上に登って進むのが正解
ここまで段差すらない水平な道だったから油断してた

富士山の樹林
踏み跡を見ていれば迷うことはないと思うけど、道を外れるとだだっ広い森林が広がっているだけで、道に迷いそうな所なのでコースを外れないように注意

御殿庭方面への登り
水平だった道が一変、登り道が続いて汗が滲む

雪化粧の宝永山三辻
三辻まで登ると木々が無くなって森林限界の際
目の前には薄っすらと雪化粧した宝永山

双子山雪が残る
三辻から双子山方面を見ると、双子の名を示すようにそっくりな2つの山

ほんの少し雪が残ってた

双子山の上塚宝永山と富士山

上塚への登り道
上塚と下塚(下双子山)の2つの双子山頂上に向かう分岐からまずは上塚のほうへ
火山礫が崩れやすく、滑らないように登るのは少しハード

宝永山と富士山
上塚からは宝永山とその奥に富士山

上塚からのパノラマ(富士山側)上塚からのパノラマ(駿河湾側)
上塚からのパノラマ(富士山側と駿河湾側)

下双子山下双子山下双子山
上から眺めると下双子山の綺麗な円すい形がよくわかるね

下双子山の登り道下双子山からの宝永山と富士山
一旦下に降りて、今度は下双子山に登る
こちらは緩やかな坂で地面も固くて登りやすい

下双子山からの宝永山と富士山
上から富士山、宝永山、上塚が並んで望める下双子山の頂上

大砂走り
火山礫の下り道(大砂走り)は、柔らかい砂がクッションになって駆け下りることができて楽しい
滑る心配のない雪渓を下っているような気持ち

御殿場口新五合目の駐車場御殿場トレイルコースの分岐
御殿場口新五合目の駐車場が見えてきた

駐車場まで下りずにこちらで脇の森林に入る

御殿場トレイルコース

幕岩の手前にある岩肌幕岩
幕岩。火山礫が積み重なって岩石になったとのこと

南山林道
水ヶ塚への戻りは行きとコースを変えてみたけど、こちらはブルドーザーの轍があるような整った道なので、森林を歩いている趣は薄い

富士山に登る時はいつも森林限界の上からのスタートだったので、森に囲まれたコースはとても新鮮。コース自体も森林限界を跨いで、上半分は火山礫を歩いて下半分は森林の中を歩くという欲張りな体験ができる良いコースなので普段登山をしない人にもオススメしたい

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る