ウイスキー蒸留所巡り – サントリー 山崎蒸溜所

サントリー 山崎蒸溜所

2013年8月17日 訪問

サントリーの蒸溜所近くにあるアサヒビールの大山崎山荘美術館へ

今回は父親と一緒に、蒸留所を巡るため大阪の山崎へ。蒸留所見学の前に、大山崎山荘美術館に寄ってモネの睡蓮などを鑑賞。
美術品よりも安藤忠雄が設計した地下に潜っていく展示室のほうが印象深い。
大山崎山荘美術館

線路沿いに歩いて山崎蒸留所へ

山崎蒸留所はJR山崎駅から歩いて行ける距離にあるから、ドライバーだけが飲酒できない悲劇を避けられる!
東海道本線 山崎駅から歩く山崎蒸溜所

山崎ウイスキー館でガイドツアーの受付

山崎ウイスキー館は、吹き抜け構造で光が差し込んでおり、図書館のようにウイスキーが陳列されていて写真映えするスポット
山崎ウイスキー館山崎ウイスキー館山崎ウイスキー館

ウイスキー製造工程の見学

予約の時間となり、早速製造工程の見学へ。外に出ると鳥井信治郎と佐治敬三の銅像。
白州蒸留所と同じように、ウイスキーが作られる工程を順番に案内される。蒸留釜を近くで見ることができて迫力がある。
鳥井信治郎と佐治敬三の銅像蒸留釜蒸留釜蒸留釜

最後にウイスキー貯蔵庫の案内。白州蒸留所は樽が縦に高く並べられていたが、こちらはとても広い建物で貯蔵しているようだ。
ウイスキー貯蔵庫ウイスキー貯蔵庫

テイスティングと有料試飲

今回も有料のセミナー “It’s Whisky Time~ウイスキーの世界は奥深い~” に参加。
テイスティングしたのは、角瓶(黄)、山崎12年、山崎、白州の4つ。それにマリアージュ。
意外にも甘いチョコレートがウイスキーとマッチしていて美味しかった。

そして有料試飲のバーカウンターでは、山崎25年と白州18年と蒸留所限定山崎を注文。滅多に飲めるものじゃないので、よく味わえるようにゆっくりと。
テイスティング有料試飲

山崎蒸留所はアクセスがよいので気軽に行けるのが良いところ、関西の人が羨ましい。
白州蒸留所と山崎蒸留所で、サントリーのウイスキー蒸留所は全て巡ったことになる(グレーンウイスキーを作っている知多蒸留所もあるが工場見学はやっていない)ので、次はニッカの蒸留所に行きたい。

ウイスキー蒸留所巡り – サントリー 白州蒸溜所

サントリー 白州蒸溜所

2012年9月1日 訪問

最寄りの小淵沢駅へ

“サントリー白州蒸留所”に一緒に行かない?と友人を誘って見学予約をしたものの、
数日前に行けなくなったと言われ、当日は一人でスーパーあずさに揺られて小淵沢駅へ。
小淵沢駅
小淵沢駅からサントリー白州蒸溜所までは、期間が限られるが無料のシャトルバスが運行しており、とても便利でありがたい。

ウイスキー博物館から始まるガイドツアー

甲斐駒ケ岳の麓、森に囲まれた所に蒸留所がある。ウイスキー博物館の1階でガイドツアーの受付を済ます。
指定された時間まではまだ余裕があったので、森の散策コースを歩いたりした。
白州蒸溜所白州蒸溜所

ガイドツアーではモルトウイスキーの製造工程を順序どおりに案内されていく。
世界に沢山ある蒸留所でも木桶の発酵槽を使っているのは白州蒸溜所ならではで、「白州」を飲んだときに感じられる新緑の爽やかさに影響しているんだろう。
白州蒸溜所 発酵タンク白州蒸溜所

蒸留釜も様々な形のものがあり、それによって多種な原酒が生み出されるとのこと。
白州蒸溜所 蒸留釜白州蒸溜所 熟成庫白州蒸溜所 蒸留釜

テイスティングと有料試飲バー

ガイドツアー後には待ちかねていた試飲ルームへ。
今回、見学予約していたのは “シングルモルト楽しみ方講座~風土が生み出す4つの個性~” という有料の蒸留所セミナーで、「山崎12年」「白州12年」「ザ・マッカラン12年」「ボウモア12年」の4つのシングルモルトをじっくりとテイスティングし、それぞれの個性を楽しむという趣旨のセミナー。

ウイスキーにピッタリなマリアージュをいただき、お土産にはミニチュアボトルを貰えてとても満足。
テイスティング

その後は有料で試飲ができる”BAR 白州”へ。白州蒸留所のここだけでしか飲めないシングルカスクやニューポットなどもあり、どれを飲むかに散々悩む。
さっきまでのセミナーでも飲んでいたので羽目を外さない程度に、山崎のシングルカスク(800円)、白州のニューポット(100円)、ラフロイグ18年(400円)をオーダー。
有料試飲バー有料試飲バー有料試飲バー

“BAR 白州”のとても充実した有料試飲メニュー
白州蒸溜所 有料試飲メニュー白州蒸溜所 有料試飲メニュー白州蒸溜所 有料試飲メニュー白州蒸溜所 有料試飲メニュー白州蒸溜所 有料試飲メニュー

ファクトリーショップで、白州蒸留所限定でロットナンバーも入ったシングルモルトウイスキー購入し、フラつきながら東京へ帰った。

人生で初めてのウイスキー蒸留所見学だったので、ウイスキーの歴史から製造工程まで丁寧に知ることができたのはよかった。テイスティングのセミナーでも、ウイスキーをただ飲むということではなく、ウイスキーを楽しむということを教わって得たものは大きい。

ヤマノススメ聖地巡礼 – 柏木山

ヤマノススメ原作

【山の日 特別編】柏木山(高ドッケ)

  • メンバー:あおい、ひなた
  • アクセス:あおいは 四里餅商事 大里屋本店 から、ひなたは入間川を挟んで反対側(おそらく龍崖山公園の近く)からスタート
  • コース:四里餅商事 大里屋本店~吾妻峡(ドレミファ橋)~茜台自然公園~柏木山(303m)
  • 備考:飯能銘菓 四里餅を購入、山頂で食べる
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年6月3日[日帰り]
コース:飯能駅→八耳堂→龍崖山→燧山→龍崖山登山口(龍崖山公園)→赤根ヶ峠→柏木山→吾妻峡→御嶽八幡神社→多峯主山→天覧山→天覧山中段→飯能中央公園→飯能市民会館

(テレビアニメ サードシーズンの制作が発表される前)
2017年6月3日に飯能市市民会館で行われるヤマノススメのファンミーティング
その開演時間前に軽くハイキングができる時間があったで、熱望している「アニメ3期決定」の”3″にまつわる飯能”3″名山の山々を思い浮かべて、龍崖山~柏木山~多峯主山を一筆書きで歩いてみた

西武鉄道の飯能駅からハイキング開始
今日はヤマノススメのイベントの他にも高麗駅近くの武蔵丘車両検修場で西武電車フェスタも開催されているそうで、いつもの飯能駅よりいくぶんか賑やかに感じる
西武鉄道飯能駅

飯能ぎんざの街灯には今日行われるイベントのためだけのフラッグが掲げられていた
地域の方の盛り上げようという気持ちが伝わってきて、ただただありがたい
飯能銀座のヤマノススメフラッグ

あおいの等身大パネルが迎えてくれる夢彩菓すずきに寄って、行動食用に飯能銘菓数種類とお土産用に極上バームのキャラメルを購入
夢彩菓すずき夢彩菓すずき あおいの等身大パネル

アニメでひなたの家のモデルとなった飯能市立こども図書館の前を通り、割岩橋を渡る
飯能河原を見下ろしたが、この時間は誰もいないようだった
飯能市立こども図書館割岩橋飯能河原

大河原交差点は入間川沿いに曲がる
龍崖山への登山口だが、こちらの登山口は以前に通ったことがあるので、今回は少し先の八耳堂の登山口へ進む
大河原交差点龍崖山登山口

八耳堂。奥にある鳥居をくぐって龍崖山への道を登っていく
八耳堂

山に入った途端に急登になり、息を切らす
こういう道があるだけで、山に登っているという充実感があっていいね
龍崖山登山道龍崖山登山道龍崖山登山道

龍崖山山頂
スカイツリーもくっきりわかるほどの良い天気
龍崖山山頂龍崖山山頂

龍崖山公園側の龍崖山登山口へ降りてきた
公園の階段を登り、車道を歩く
龍崖山公園側の龍崖山登山口

次の柏木山へは、大河原配水場のトイレのある場所から奥へ進んでハイキングコースへ
大河原配水場のトイレ

しばらくは工場裏手の追いやられた様な道を歩くことになるが、森の中に入ると木漏れ日が心地よいハイキングコース
この少し先の赤根峠で五差路の分岐となり、谷筋の道を進む
赤根峠手前の柏木山登山道

谷筋の道はひんやり涼やかで気持ちがいい
あまり通る人がいないのか踏み跡は少なめ
谷筋の道

途中で轍のある道となり、こちらから柏木山へ登っていく
柏木山への登山道柏木山への登山道

柏木山の頂上へ到達
張り出すようなピークで、前面に遮る木々もないので展望がいい
柏木山頂上柏木山頂上柏木山頂上

高ドッケとも言うそうだ
高ドッケ

柏木山からのパノラマ
柏木山からのパノラマ

車道を経て、吾妻峡のドレミファ橋を渡る
このあたりから、ハイカーよりも聖地巡礼者っぽい人が目立ってきた
ドレミファ橋ドレミファ橋

多峯主山の登山口
野菜の無人販売所があるのが素敵
多峯主山の登山口

飯能三名山、最後の多峯主山についたー
多峯主山山頂

多峯主山の山頂は広場となっており時間もお昼なので、食事を広げているハイカーも多くて賑やか
持ってきた昼食をいただく
多峯主山の広場

多峯主山からのパノラマ
多峯主山からのパノラマ多峯主山からの眺め

食後のおやつは途中で買った飯能銘菓、どれにしようかな?
飯能銘菓極上バームのキャラメル

ザックに入れてたらパリパリに割れていた夢馬クッキーをmogmog
夢馬クッキー

多峯主山から天覧山へ向かう道の途中にはウッドチップで敷き詰められた道
以前にはなかったような気が
天覧山途中のウッドチップの道

天覧山に到着
天覧山山頂天覧山からの眺め

天覧山を下山
ヤマノススメファンで溢れるタイムズマートでソフトクリームをいただき、失われたカロリーを回復
天覧山登山口タイムズマート飯能店タイムズマート飯能店のソフトクリーム

ヤマノススメファンミーティング、イベント会場である飯能市市民会館で飯能3名山の一筆書きを完了
飯能市民会館ヤマノススメファンミーティングヤマノススメファンミーティングヤマノススメファンミーティング

どの山も整備された歩きやすいハイキングコースであるが、雰囲気がそれぞれで違うのが面白い。龍崖山は小粒なのにダイナミックな登山道を楽しめて、柏木山は深い森に囲まれた静かな山、多峯主山は安心できる踏み固められたハイキングコースでした

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る