‘野外活動’ カテゴリーのアーカイブ

ヤマノススメ聖地巡礼 – 那須連峰 茶臼岳

ヤマノススメ 原作



【百八十九~百九十一合目】那須連峰 茶臼岳~朝日岳

  • メンバー:ひなた、ひなた父、ひなた母
  • アクセス:〈ひなた父の車〉那須ロープウェイ山麓駅-〈那須ロープウェイ〉-山頂駅
  • コース:山頂駅→茶臼岳(1915m)→峰の茶屋跡避難小屋→朝日岳(1896m)
  • 備考:峰の茶屋跡避難小屋からひなたはソロで朝日岳に登頂
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2019年3月17日[日帰り]
コース:大丸駐車場→那須ロープウェイ山麓駅→峠の茶屋駐車場→登山指導所・登山ポスト→中の茶屋跡→峰の茶屋跡避難小屋→硫黄鉱山跡→お釜口→山頂口→那須岳→お釜口→硫黄鉱山跡→中の茶屋跡→登山指導所・登山ポスト→那須ロープウェイ山麓駅→大丸駐車場

冬季のため大丸駐車場まで車で登れる(そこから先は通行禁止)。途中までの路側帯には残雪があるが、路面は乾いていた

県営大丸駐車場
県営大丸駐車場

登山口横のトイレ
登山者カード入れもこちらにある
登山口横のトイレ登山口横のトイレ

登山口から凍った階段を登り、車道を横切りながら踏み固められたショートカットを進んでいく
那須岳登山道

途中の那須ロープウェイ山麓駅
今はまだ冬季運休中だが、例年は3月下旬に再開するようだ
那須ロープウェイ山麓駅

雪一面に覆われた峠の茶屋 駐車場
新雪を歩いてもそんなに埋もれない感じ。スパッツはなくてもよかったかもしれない
峠の茶屋

雪に埋もれた鳥居
鳥居の先には橋があるので、そちらを渡る
ここから斜面を登っていく
雪に埋もれた鳥居雪に埋もれた鳥居

雪に足を取られて進みにくいが、普段雪山に登らない自分にとっては久しぶりの感覚なので楽しい
あいにく天気は曇っているが風は殆ど無く歩きやすい

ゆったりと登るトラバースが峰の茶屋の建物まで続いている

峰の茶屋避難小屋で一旦休憩
冬になると、風の通り道であるここは暴風となるときいていたが、まったくの無風
峰の茶屋避難小屋

茶臼岳への登りを再開

アイス気味だがシュカブラが美しい
シュカブラ

火山岩混じりで荒涼とした雪面になってきた

山頂手前の鳥居
鳥居

茶臼岳山頂
曇ってはいるが、360度のよい眺め
茶臼岳山頂

山頂からのパノラマ

那須岳神社
那須岳神社

時計回りにお鉢めぐり
お鉢の真ん中ではなく、お鉢から外になる西側から噴煙が出ているんですね

樹氷のようにロープ柵に氷が張り付いてた。エビの尻尾
エビの尻尾エビの尻尾

お鉢を下りる斜面で一瞬だけグリセード
あとは、来た道を戻って下山

九尾の狐伝説の殺生石
殺生石千体地蔵千体地蔵殺生石

下山後には那須温泉 鹿の湯へ
41度から48度!?の湯船があるのだけど、48度の手前 46度の湯船で危うく遭難しそうになりました
那須温泉 鹿の湯

快晴という天気予報だったが、残念ながら曇り模様
しかし、久々の雪山なので、雪面をザクザク歩くだけで心が躍った
道中の強風だけは心配だったが、まったくの無風だったので拍子抜け、快適な雪山登山となりました

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 奥武蔵 丸山

ヤマノススメ 原作



【百八十~百八十二合目】奥武蔵 丸山

  • メンバー:ゆうか、小春
  • アクセス:飯能駅-芦ヶ久保駅
  • コース:芦ヶ久保駅→鹿避けフェンス→丸山(960m)→丸山展望台
  • 備考:飯能市立図書館で勉強をしていたゆうか。小春は気分転換に明日山へ行こうと誘う
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2021年5月15日[日帰り]
コース:芦ヶ久保駅→丸山→山の花道横瀬町駐車場→日向山→日向山公会堂→芦ヶ久保駅

最初は、自転車で奥武蔵グリーンラインを走って途中から登ろうかと計画していたが、林道丸山線が通行止めということで原作と同じルートで芦ヶ久保駅から向かうことにした

ちょうど、西武鉄道の1日乗車券「SEIBU 1Day Pass」が日本人向けにも5月末までの期間限定で販売されていたので、こちらを利用
前もって池袋駅の観光案内所で買わないといけないなどと制約も多いですが、1日乗り放題で1000円は普通にオトク(池袋駅から芦ヶ久保駅への往復だけでも1440円なので)

芦ヶ久保駅
横瀬川と299号を渡る
芦ヶ久保駅芦ヶ久保駅

県民の森の案内標識から右折し、生活道路を登っていく
芦ヶ久保 299号線

残念な天気ではあるが、武甲山がよく見える
武甲山

ここから完全な山道に
ここまでは車道を登る山道

獣避けフェンス
ゲート部分が固く縛られてて解くのが面倒くさそうだったので、隙間をつくって下からくぐった
鹿避けフェンス

尾根に出るまでは結構急な道で、心拍あがる
道自体は迷うところもなく歩きやすい
急な山道

766のピーク手前のここもストレートな急斜面
左側でちょっと蛇行しながら登っていくと良いかもしれない

車道を横切る
車道を横切る

県民の森からはなだらかなのかなって思っていたけど、最後までがっつり登る
埼玉県県民の森

丸山に到着。三角点も
丸山 三角点丸山展望台

丸山展望台
こんな重厚な建造物をよく作ったもんだ
丸山展望台丸山展望台丸山展望台

展望台からの眺め。天気が良ければなぁ
丸山からの眺め丸山からの眺め

丸山展望台からのパノラマ
丸山からの眺め丸山からの眺め

帰りは日向山を経由する右側のルートへ
復路は日向山経由で

日向山に向かっての階段
日向山への階段

日向山
日向山

武甲山を眺めるには絶好のスポット(天気が良ければ)
日向山からの眺め

日向山公会堂付近

埼玉県の県民の森へと向かう車道が延びているような所だし、ファミリー向けのハイキングコース程度の登りだろうと若干舐めていたのとは反面、登り一辺倒のストイックな山道で息を切らして登った
各所で絶賛されてる丸山からの眺めも、こんな天気で期待が持てるはずもなく……

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 狭山丘陵 比良の丘

ヤマノススメ 原作



【百七十六~百七十七合目】狭山丘陵 比良の丘

  • メンバー:あおい、ひなた
  • アクセス:小手指駅-小手指駅南口バス停-荻原バス停
  • コース:荻原バス停→さいたま緑の博物館案内所→比良の丘(155m)
  • 備考:比良の丘のテーブルで紅茶を淹れる
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2021年5月15日[日帰り]
コース:荻原バス停→さいたま緑の博物館案内所→縄竹林道通用口→比良の丘→糀谷バス停

小手指駅の南口
比良の丘の最寄りまで路線バス(西武バス)でアプローチ

小手指駅南口

荻原(おぎわら)バス停。読みを “はぎわら” といつも迷う
比良の丘を目指すなら糀谷バス停のほうが近いが、ヤマノススメ原作ではこちらからスタートしていたので、倣って下車
荻原バス停

しばらく住宅地歩くと、突如現れる森のトンネルの中へ
狭山丘陵途中の住宅地狭山丘陵の森

入間市で最初のトトロの森
トトロの森とはナショナル・トラスト運動で取得した緑地のこと
トトロの森

さいたま緑の森博物館
さいたま緑の森博物館

道路から小高いあぜ道を登って比良の丘に到着
ラジコンをいじっている方とハムをされている方の先客が
所沢で一番標高が高い丘なので、絶好のスポットなんだろうな
比良の丘比良の丘

もっと開けたところにあるのかなと想像していたが、思っていたより狭い
あいにくの曇り空で、景色は堪能できなかった
比良の丘比良の丘

帰りは八幡湿地を経由して糀谷バス停へ
八幡湿地

糀谷バス停の近くには、高品質な自転車用ペダルで有名な三ケ島製作所があります
いつもお世話になっています
三ケ島製作所

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る