‘野外活動’ カテゴリーのアーカイブ

ヤマノススメ聖地巡礼 – 平標山~仙ノ倉山

ヤマノススメ 原作



【百五十八合目~百六十一合目】平標山~仙ノ倉山

  • メンバー:ほのか
  • アクセス:高崎駅-越後湯沢駅→湯沢駅前-〈路線バス〉-平標登山口
  • コース:平標登山口→鉄塔(四合目)→松手山(1614m)→平標山(1984m)→仙ノ倉山(2026m)
  • 備考:フィルムカメラでの撮影登山。仙ノ倉山山頂で山専ボトルに入れてきたお湯でカップラーメンを食べる
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2020年9月7日[日帰り]
コース:平標登山口駐車場→平元新道登山口→平標山乃家→平標山→一ノ肩→松手山→平標山四合目→平標登山口→平標登山口バス停

燧ヶ岳・至仏山の1泊2日縦走を終え、伊香保温泉でつかの間の静養し平標山登山口へ
ヤマノススメの原作で平標山と仙ノ倉山に登っていたので、その聖地巡礼登山

昼頃には戻りたかったので、暗いうちから駐車場を出発。ほのかの進んだルートとは違い、林道歩きの平標山乃家ルートで登る
沢沿いの道には「クマ注意」の看板がありヒヤヒヤした。真っ暗でも迷うことなく歩くことができる道

がむしゃらに登って平標山乃家
休んでいたら小屋の方に「杏仁豆腐食べてくか?」と甘い誘いをうけるも、急ぎ気味なので遠慮させていただく
どうやら、この暴風雨の中に谷川岳に向かって出発した方がいらっしゃるみたいだ

稜線に出るともろに風から煽りを受ける
ただ、進行方向への風(南から北向き)だったので、登りをアシストしてくれて随分楽

前言撤回
ヤバイヤバイ、この風は危険。雨粒がレインウェア越しにあたるだけでも痛みを感じる

平標山山頂
屈むのより低い体勢で這いつくばって撮影した山頂写真、じゃないと体が吹き飛ばされるほどのものすごい風
仙ノ倉山へのピストンなどできる余裕もないので断念。一目散に下りる道へ

松手山経由の稜線ルートは開けていて景色もよさそうで、ところどころで草花も咲いていた
が、それは暴風のない世界。こっちは体が飛ばされないよう抗うのに必死、それどころではない

松手山

ようやく樹林帯に入って、風の脅威から逃れられた

平標山四合目となる鉄塔
(こんな日に)のぼるのはやめましょう

ハシゴ。登山道がえぐれて、水の通り道となっているので多少ぬかるむ

苗場スキー場が見えた

無事下山することができた。ひさびさに危険を感じた登山だったので、ようやく安堵した

平標登山口バス停
三国街道に出て群馬側に少し歩いたところにある

前日から雨が断続的に降っており、大型台風も九州のほうへ来ていたので、端から展望など期待していない登山になると思っていたが、これほどまでに暴風雨がすごいとは想像していなかった
平標山の家公式さんのツイートによると
この日は、風速30m/s あったようだ。うへぇ

仙ノ倉山へのピストンは断念したのは悔しいが、当然の判断だと思う。稜線が素敵と言われる山は、天候の悪い日に登る山じゃないね

駅メモ!コラボイベント「でんこと一緒にヤマノススメゆかりの地を巡ろう!」

駅メモ!という日本全国にある駅にチェックインする位置情報ゲーム。3年前くらいに全駅制覇してからはやることが無くなったのでやめていたのだが、まさかヤマノススメとコラボキャンペーンすると知り、3年ぶりに復帰

コラボ内容は、ヤマノススメのキャラクター(あおい、ひなた、楓、ここな、ほのか)がコラボでんことして登場するのと、11月16日までのスタンプラリーイベントと、コラボグッズ販売

駅メモ!のおでかけカメラという別アプリを使うと、駅メモのキャラクターをフレームインさせて写真が撮れるので、スタンプラリーイベントと一緒に撮影してきました
(実際のスタンプラリーは駅の場合は最寄り駅状態、スポットの場合は200m以内でチェックインすればいいので、わざわざ駅から降りたりする必要はないのだがせっかくなので)

対象駅

  • 飯能駅
  • 東飯能駅
  • 東吾野駅
  • 高尾山口駅
  • 土合駅

対象スポット

  • 天覧山山頂展望台
  • 夢彩菓すずき
  • 飯能市立こども図書館
  • ヤオコー飯能店
  • 伊香保温泉石段街
  • ロックハート城入口
  • 富士山(富士山の場合は富士山頂から半径22キロ以内)

と、残りは富士山のスポットのみ
コラボでんこガチャでは、あおいだけ出てこなかったので、富士山でチェックインし全ミッションクリア特典のスカウトチケットを貰い、あおいをお迎いする予定

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 加治丘陵 桜山展望台

ヤマノススメ 原作



【百六十三合目】加治丘陵 桜山展望台(189m)

  • メンバー:ここな、小春
  • アクセス:元加治駅
  • コース:元加治駅→阿須運動公園→山道入口→桜山展望台(189m)
  • 備考:あけぼの子どもの森公園へ行こうとしていたここなが駅で小春と出会い、一緒に登ることに
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2020年8月22日[日帰り]
コース:桜山展望台の南側から(金子駅からのコース)→桜山展望台

狭山湖から自転車で来たので原作の元加治駅からではなく、JR金子駅から桜山展望台へ登るコース
こちらは、400mの急坂を登るだけで展望台へ到達するので、加治丘陵の森林を歩いてる趣は薄くオススメはしません
入間市の桜山展望台 案内

桜山展望台は、意外にも多くの人が行き交っていた。裏山感覚で気軽に登れるからかな?
東屋や水場やトイレもあるので、加治丘陵の休憩スポットとしても便利

階段を登って、展望台からの眺め

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 東京23区内最高峰 愛宕山

ヤマノススメ 原作



【百六十二合目】東京23区内最高峰 愛宕山

  • メンバー:あおい、ひなた
  • アクセス:池袋-東京メトロ 神谷町駅
  • コース:神谷町駅 3出入口→愛宕隧道→愛宕神社 大鳥居・出世の石段→愛宕山(25.7m)
  • 備考:池袋(ヴィクトリア・エルブレス 池袋西口店)で登山道具を見た後に愛宕山に登山へ
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2018年6月24日[日帰り]
コース:芝丸山→愛宕山→NHK放送博物館

愛宕山の前に前哨戦として東京タワーもある芝公園の南端にある芝丸山(芝丸山古墳の後円部)へのアタック
東京まちなか超低山という本でも紹介されている都会の中にある低山で、頂上には伊能忠敬測地遺功表もあり、取り囲むようにベンチがある
芝丸山芝丸山 伊能忠敬測地遺功表

愛宕神社 出世の石段。急登である
登山道にあるまじき急角度ではあるが、ピークが目の前に見えていて励みになるので登りやすい
愛宕神社 出世の石段愛宕神社 出世の石段愛宕神社 出世の石段愛宕神社 出世の石段

頂上付近からの眺め
見逃しやすいが、愛宕山の三角点は階段を登ってから右手にある
愛宕神社 出世の石段愛宕神社愛宕神社 三角点

ついでにNHK放送博物館を見学

下山する
NHK放送博物館側にはエレベーターもあるようなので、石段はきつそうと思われたらこちらからどうぞ
NHK放送博物館NHK放送博物館NHK放送博物館

東京23区内最高峰は箱根山(戸山公園)で44.6m、だが人工的に作られた山。港区の愛宕山は、天然の山で東京23区内最高峰 25.7m

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る