‘野外活動’ カテゴリーのアーカイブ

ヤマノススメ聖地巡礼 – 大菩薩嶺

ヤマノススメ原作

【九十一合目】大菩薩嶺(2,057m)

  • メンバー:ひなた、ひなた父、ひなた母
  • アクセス:〈車〉上日川峠
  • コース:上日川峠~福ちゃん荘~大菩薩峠(1,897m)~雷岩~大菩薩嶺(2,057m)~雷岩~福ちゃん荘~上日川峠
  • 備考:往路の福ちゃん荘で山菜(きのこ?)うどん(そば?)を食べる
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年12月23日[日帰り]
コース:大菩薩峠登山口→裂石登山口駐車場→丸川峠分岐駐車場→丸川峠→大菩薩嶺→雷岩→福ちゃん荘→上日川峠→千石茶屋→丸川峠分岐駐車場→裂石登山口駐車場→雲峰寺駐車場

塩山駅から登山客5人を載せ、終点 大菩薩峠登山口バス停へ
大菩薩峠登山口バス停大菩薩峠登山口バス停

マイナス2度。路面も所々で凍結していた
路面は凍結沢

丸川峠までは尾根筋をひたすら登っていく
丸川峠までの尾根すぐそばにキツツキがいた

開けた場所に出て、丸川峠にたどり着く
丸川峠

登ってきた方向を見ると富士山が覗いてた
丸川峠からの富士山

雪が残るがアイゼンは必要ない
時折、大きく成長して宝石のような霜柱が姿を見せる
少し雪が残る

大菩薩嶺に到着
木々に遮られ眺望はきかないようです
大菩薩嶺大菩薩嶺

大菩薩峠方面と唐松尾根の分岐点ともなる雷岩
全く人に出会わなかった丸川峠とは違って、一気に賑やかに
雷岩

富士山の裾野と南アルプスが重なり美しいスカイライン
手前の湖は大菩薩湖で、右側の街並みは甲州市かな
雷岩からの富士山

雷岩からのパノラマ
雷岩からのパノラマ

雷岩からの景色雷岩からの景色雷岩雷岩からの富士山

帰りにバスの時間を気にして大菩薩峠には行かず、唐松尾根を下ることにした
唐松尾根

福ちゃん荘。公衆トイレあり
福ちゃん荘

福ちゃん荘からロッヂ長兵衛へは舗装路で下った。並走する登山道もあるっぽい
ロッヂ長兵衛

上日川峠から裂石までは足が埋もれるほどの落ち葉がある所もあった
落ち葉で足が埋まる

一部崩落している箇所があり一旦舗装道路を通過する
崩落箇所

大菩薩嶺と聞くとハイキング気分で行くような山だと思っていたが、丸川峠経由の登りは割りとハードでした。
残雪があったが、持ってきていたアイゼンの出番はない程度。上日川峠と裂石を結ぶ道は、足首まで埋もれるほどの落ち葉が積もっているので踏み外しやスリップに注意が必要。

帰りのバスで12時直前のバスを逃すと次の便まで3時間ほど待ちぼうけ食らうと思って唐松尾根経由で下山を急いだが間に合わず。
結局、他路線の便があって1時間ほど待つだけで済んだけど、大菩薩峠に寄っていけばよかったかもしれない。

この後、帰りの電車で大月駅を通るので、ついでに岩殿山にも登りました。

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 箱根駒ヶ岳

ヤマノススメ原作

【九十二合目】箱根駒ヶ岳

  • メンバー:あおい、ひなた
  • アクセス:新宿駅-〈小田急箱根高速バス〉-大涌谷-〈伊豆箱根バス〉-箱根園-〈箱根駒ヶ岳ロープウェイ〉-山頂駅
  • コース:山頂駅~箱根駒ヶ岳(1,356m)~箱根神社元宮
  • 備考:大涌谷で入山禁止を知り、バスとロープウェイで回り込んで駒ヶ岳山頂へ。ロープウェイを下りたあとは温泉(山口家と読めるがどこだろ?)
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年11月27日[日帰り]
コース:駒ヶ岳山頂駅→駒ヶ岳(箱根)→駒ヶ岳山頂駅

大涌谷の火山活動で神山ハイキングコースの通行止めが続いていて、ロープウェイでしか頂上へ行くことができないので、通行止めの解除を待ってから訪れようかとも思っていたが御殿場ハイキングのついでに立ち寄ることにした

駒ヶ岳ロープウェイ箱根園駅
箱根駒ヶ岳ロープウェイ箱根園駅

駒ヶ岳ロープウェイからの車窓
乗員101人の大型ゴンドラで7分の空中散歩
平日の中途半端な時間だけど、外国人多めの観光客で満員
スピーカーを通して観光案内してると思うんだが、ほぼ聞き取れず

自然林と植林の境界笹薮と自然林の境界
植林と自然林の境界がくっきり
しばらく登ると今度は笹薮との境界

箱根駒ヶ岳ロープウェイ降り場駒ヶ岳ロープウェイ山頂駅
駒ヶ岳山頂駅
重厚なコンクリート作りで寂れ具合がいい味だしてる

丘の上の箱根神社元宮
丘の上に箱根神社元宮

神山ハイキングコースへの道
人気がない山頂駅の裏手に回ると長らく封鎖されている神山ハイキングコースへ向かう道が

箱根駒ヶ岳頂上
箱根神社元宮より低いであろうコンクリ片と岩が散乱してるところに山頂標柱

箱根神社元宮箱根神社元宮
箱根神社元宮

東側のアンテナ箱根神社元宮と頂上駅
遊歩道の最西端にはアンテナ
あいにくの曇りで展望はできず

芦ノ湖パノラマ
芦ノ湖をパノラマ撮影

芦ノ湖芦ノ湖

頂上駅頂上広場
この山頂駅、志免炭鉱所の竪坑櫓みたいな雰囲気が漂ってる

頂上駅のコンクリ頂上駅
このコンクリート壁の剥がれ方とかたまらない

箱根神社元宮までの階段はあるものの、一周するのに30分程度もかからないのでハイキングというより散歩感覚
平日にも関わらず箱根には結構な観光客(ほぼ外国人)がいるんですね

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 御殿場トレイルコース<下双子山>

ヤマノススメ原作

【五十五合目】《トレイルラン》富士山 御殿場トレイルコース

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな、楓
  • アクセス:新宿駅-〈特急あさぎり〉-御殿場駅-〈タクシー〉-御殿場口新五合目
  • コース御殿場口新五合目(1,440m)~幕岩~下双子山(1,804m)~御殿場口新五合目
  • 備考:部長にトレランザック、ポール、靴とゲイターを貸してもらう
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年11月27日[日帰り]
コース:水ヶ塚公園→幕岩→三辻→四辻→上塚→双子山→幕岩→水ヶ塚公園

御殿場市街地から富士山スカイラインへ。富士山はすっかり雪化粧だが、道路は雪もなく道路凍結もしてない
本来なら原作と同じ御殿場口新五合目駐車場から周回したかったが、既に冬季閉鎖(11月中旬ごろ)されていたので、そこから西へ3kmほどの水ヶ塚公園駐車場からのスタート

水ヶ塚公園駐車場
水ヶ塚公園駐車場は周りが開けているので、駐車場から富士山がよく見える。車で訪れた観光客も目の前の富士山を写真に収めていた

須山登山口須山登山口 ルートマップ
水ヶ塚公園駐車場から道路を挟んで須山登山口

富士宮ルートと御殿場ルートの分岐
登山道を奥に入ってすぐ富士宮ルートと御殿場ルートの分岐

須山御胎内ハイキングコース
特に登り下りはないが、自然に任せたコースだからなのか、ぐるぐるとカーブに振り回されるまま、森の中を歩いて行く

南山林道との分岐少し分かりにくい
ここで広くえぐり掘られた下り道(南山林道)へ導かれてしまう

ここを上に登って進むのが正解
ここまで段差すらない水平な道だったから油断してた

富士山の樹林
踏み跡を見ていれば迷うことはないと思うけど、道を外れるとだだっ広い森林が広がっているだけで、道に迷いそうな所なのでコースを外れないように注意

御殿庭方面への登り
水平だった道が一変、登り道が続いて汗が滲む

雪化粧の宝永山三辻
三辻まで登ると木々が無くなって森林限界の際
目の前には薄っすらと雪化粧した宝永山

双子山雪が残る
三辻から双子山方面を見ると、双子の名を示すようにそっくりな2つの山

ほんの少し雪が残ってた

双子山の上塚宝永山と富士山

上塚への登り道
上塚と下塚(下双子山)の2つの双子山頂上に向かう分岐からまずは上塚のほうへ
火山礫が崩れやすく、滑らないように登るのは少しハード

宝永山と富士山
上塚からは宝永山とその奥に富士山

上塚からのパノラマ(富士山側)上塚からのパノラマ(駿河湾側)
上塚からのパノラマ(富士山側と駿河湾側)

下双子山下双子山下双子山
上から眺めると下双子山の綺麗な円すい形がよくわかるね

下双子山の登り道下双子山からの宝永山と富士山
一旦下に降りて、今度は下双子山に登る
こちらは緩やかな坂で地面も固くて登りやすい

下双子山からの宝永山と富士山
上から富士山、宝永山、上塚が並んで望める下双子山の頂上

大砂走り
火山礫の下り道(大砂走り)は、柔らかい砂がクッションになって駆け下りることができて楽しい
滑る心配のない雪渓を下っているような気持ち

御殿場口新五合目の駐車場御殿場トレイルコースの分岐
御殿場口新五合目の駐車場が見えてきた

駐車場まで下りずにこちらで脇の森林に入る

御殿場トレイルコース

幕岩の手前にある岩肌幕岩
幕岩。火山礫が積み重なって岩石になったとのこと

南山林道
水ヶ塚への戻りは行きとコースを変えてみたけど、こちらはブルドーザーの轍があるような整った道なので、森林を歩いている趣は薄い

富士山に登る時はいつも森林限界の上からのスタートだったので、森に囲まれたコースはとても新鮮。コース自体も森林限界を跨いで、上半分は火山礫を歩いて下半分は森林の中を歩くという欲張りな体験ができる良いコースなので普段登山をしない人にもオススメしたい

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る