「レビュー」カテゴリーアーカイブ

登山する人にオススメしたい、自宅で楽しむ登山ゲーム3選

The Long Dark オーロラ
The Long Dark オーロラ

登山している人にとって今の時期は、富士山やアルプスに挑む夏、紅葉が美しい秋が過ぎ、冬をまたいで雪解けの春まで山に登りに行くのは暫くお休みという人も多いだろう

そんな外に出て山に登ることができない鬱憤を晴らすために、家に居ながらして登山気分を楽しめるPCゲームを3タイトル紹介したい

Getting Over It with Bennett Foddy

Getting Over It with Bennett Foddy タイトル
Getting Over It with Bennett Foddy タイトル

ゲーム実況映えすることで流行ってるバカゲー、マゾゲーの『Getting Over It with Bennett Foddy』
下半身が壺となった男が長いハンマーを振り回し、不自由な姿で岩場やガラクタでできた山を上へ上へと登っていくアクションゲーム

Getting Over It with Bennett Foddy 最初に躓くポイント
Getting Over It with Bennett Foddy 最初に躓くポイント

マウスでハンマーを操作して進んでいくのだが、操作感覚がなんとも独特。思い通りに操作できないもどかしさにイライラさせられストレスフルw 登山というのは自分との闘いでもあることに気付かされる
このゲームの作者が、懐かしのFlashゲーム『QWOP』を作った方と聞いて至極納得した。あれもイライラしながらもプレイしてしまう、魅力に溢れたゲームだったっけ

価格は820円。先週の12月7日にリリースされたばかりなのでまだ一度もセールされていない
英語版でよいならHamble Troveにあるので、そちらでダウンロード可能

The Long Dark

The Long Dark ダムでの夜明け
The Long Dark ダムでの夜明け

『The Long Dark』は極寒の雪山に遭難し、衣服や食料を現地調達しながら生き抜くというサバイバルゲーム
狼や熊といった敵対する野生動物もでてくるが、なにより最大の敵は自然の脅威

The Long Dark 焚き火に着火
The Long Dark 焚き火に着火

暖を取るために焚き火をするのさえ、運が悪けりゃ失敗する。種火から火が燃え移るまでのシークエンスに一喜一憂させられるが、無事に火がついた時の安堵感で今までの緊張が解けていく瞬間が本当に好き
焚き木を拾うため外に飛び出て時間を忘れ、ふと夜空を仰ぐと目に写る煌めくオーロラは何とも言えぬ美しさ
雪山の中を探索してるうちに吹雪いてホワイトアウト、どこに向かっているかわからなくなるほど方向感覚がなくなり、ぐるぐると同じ場所を彷徨う。これを登山用語で”リングワンダリング”と呼ぶが、例えゲームの中だとしても実体験することで得る教訓は沢山ある

The Long Dark 吹雪
The Long Dark 吹雪

価格は3,480円。長らくアーリーアクセスが続いていた本作だが、今年の夏に正式版としてリリース、チュートリアルにもなるストーリモードが搭載された
ちょうど、Humble Monthlyという福袋タイプのバンドル販売(複数のゲームを組み合わせて販売)で、2018年1月分として公開されているタイトルに『The Long Dark』が入っている。来年1月6日までに購入すれば12ドルで手に入れられるチャンスでもある(月単位で自動契約なので、心配な方はすぐに解約を)。オマケに『Quantum Break』や他数本のタイトル、上で紹介したHamble Troveでは40タイトル以上のDRMフリーゲーム(『LIMBO』『Shadowrun Returns』などちょっと古い有名ゲームもあり)がダウンロードできるという太っ腹サービスなので、1ヶ月だけ契約するのがオススメ

Mountain

Mountain 山になる
Mountain 山になる

Steamで山のゲームといったらまず『Mountain』を思い浮かべる人も多いはず。「あなたは山です」と突然言われて山となり、その山を神の視点からひたすら眺めるだけのシミュレーション(?)ゲーム

Mountain 空からハートが降ってきた
Mountain 空からハートが降ってきた

最初に出される3つのお題に対して、自由に絵を描いて答えると山が生成。あとは特に何もすることはないが、
キーボードで音楽を奏でて雪を降らせたり、時折宇宙空間から降って山に突き刺さるゴミを抜いたりと楽しみ方はそれぞれ。私の持っているSteamゲームで、唯一プレイ時間が1,000時間を超えてるゲームだったりする
このシュールなセンスについてこれた人には、同じ作者の『Everything』というゲームも是非プレイして欲しい。こちらは山どころか何にでもなれるという壮大なスケールの世界観

Mountain 宇宙から衝突
Mountain 宇宙から衝突

『Mountain』の価格は98円だがセール中には半額となり、ガリガリ君よりも安くなる。ガリガリ君を食べるか、それとも山になるかのどちらかを問われたら、誰しもが後者を選ぶことは自明だろう

もうすぐ始まるSteamのウィンターセール

3タイトルとも全てSteamで販売されているゲーム
Steamといえば、12月22日からウィンターセール(ホリデーセール)が始まる予定なので、登山ゲームに拘らずセールで安くなったゲームで正月休みを過ごすのも良いかもしれないですね

あと登山ゲームで思い浮かべるのが、登山隊を率いて未踏峰の登頂を目指すガチ登山シミュレーションゲームとして名高い、初代プレイステーションで発売された『蒼天の白き神の座』。ゲームアーカイブス入りか、今のハードでリメイクされれば絶対買うんだけどなぁ・・・

使ってるiPhoneアプリを全部晒してみた

iOS4でフォルダが導入されてから、よく使うアプリまでフォルダに入れすぎて逆に使いづらくなった時もあったけど、最近になってアプリの位置が定まってきたので、簡単なアプリの紹介とともに全ページを晒してみる。

趣味が偏ってたり、私的なアプリも多いので役にたたないかもしれないけど、少しでも参考になれば。

アプリの整理整頓について、僕は次のようなルールを決め整理している。

  • 画面ごとにテーマを設定して整理
  • 1画面の中でもアプリ同士の関連性を考え配置
  • ダウンロードしてきた新しいアプリを試すエリアを設定
  • よく使うアプリはフォルダに入れない

それに加え、 iPhone:iOS 4 フォルダ分けの極私的ルール×3 – b2log/p を参考にフォルダー名には絵文字を付け視覚的に楽しく分かりやすく。

注意:価格は2011年2月3日時点に調査したものとなります、ご購入される際はiTunes Storeでの価格に注意してご購入ください。

続きを読む 使ってるiPhoneアプリを全部晒してみた

iPhoneの位置ゲー、Parallel Kingdom AOGが面白い

Parallel Kingdom AOG

ジオメディアサミットに影響されてか、位置ゲーを企画して作ってみたいなって思っていた矢先。iPhone向けの面白い位置ゲー「Parallel Kingdom AOG」が熱いのでご紹介。

アップルストアでお会いした後、TwitterでFollowしたMACお宝鑑定団のdanboさんと林信行さんのTL上で展開される楽しそうなやりとりが気になり、Parallel Kingdom AOGっていうiPhoneの無料ゲームアプリをダウンロードし、速攻でプレイしてみた。

他所ではMMORPGと紹介されているようだけど、このゲームはAoE系にある資材集めの要素もあり、ひとりで黙々とやっていても楽しい。そして、何よりGPS位置情報を使った現実世界とのマップ連動で、思わずニンマリしてしまうことしばしば。

続きを読む iPhoneの位置ゲー、Parallel Kingdom AOGが面白い

Ramディスクで3GBの壁を越えてみた

今までメインで使っているPCのメモリは2GBで、特に不満を感じたことも無かったのですが、
最近のメモリがあまりに安すぎて、ついポチってしまい届いた2GBのメモリ

32bitOSには使用できるメモリ空間が3GBと少しということは把握していたけど、なんとなく使ってない領域がもったいない気がする。そこで、その領域にRamディスクを割り当てて4GBをまるまる使うってのが今回の趣旨。

今回使うのは、Gavotte Ramdiskというソフト、詳しくはまとめWIKIを参照してください。

Gavotte Ramdisk まとめWIKI

ソフトをダウンロードして、解凍して、レジストリ登録エントリファイルを実行して、ソフトを実行して、サイズ指定して、ソフト終了して、再起動
拍子抜けするほど簡単にRamディスクができた。

あとは、RamディスクのドライブにFirefoxのキャッシュファイルを移したり、tempフォルダを置いたり。好き勝手してください。

Ramディスクで高速化というよりも、今まで捨てていたメモリ領域を使えるってのが大きい。導入コストも低く、試す価値は十分にあり。ただし、自己責任で。

jQuery Sparklinesはプチ便利

JQUERY SPARKLINES

jQueryのプラグインで、ちょっとしたグラフを表示したいときに何も考えなくても配列あたえるだけで使えちゃうし、インラインの数値を読み取ってグラフ化もしてくれる。

だけど、軸のあるグラフを作りたいときには向かないね。ちょうど、海抜高度の連続をグラフ化しようとしてたんで、これ使ったんだけど、上限下限の幅を配列の最大値、最小値から計算しちゃうんで、相対的な高低しかわからなくなってしまって、ゆるやかな坂も急激な崖も連続して登っているかぎりは同じグラフになってしまう。という問題。

ソース見てrangeで幅を設定していたので、そこらへんをコード中で固定し、あとは最小値を配列の最後の値-rangeという具合にしたら、そこそこうまくいった。

どうせなら、オプションとして採用してもらえると楽なので作者にメールを送っておいた。英文メールを書くのは大学卒業して以来かもしれないw

Live GPS Tracking
http://inagaki.co.uk/misc/gps/

の右上で使ってます。

Webカメラの「Qcam Pro for Notebooks」が届いたヨ

もう、Webカメラってもんじゃないんですね。そのままデジカメ・ビデオカムの代わりとして使ってもいい画質の精細さと、オートフォーカス・光量などの自動調節が素晴らしい。普通、暗いところでカメラ映そうとしても、映らないかISO感度が上がってノイズの乗ったひどい画質になるんだけど、このカメラは余裕で人間の目を同じように捉えてくれる。

こいつをQVGAで200kbpsという申し訳ないエンコードで使ってもったいないように感じるんだけど、動画の動きが激しくないときにコイツの本領が発揮されてるんで、よかったら動画でご確認ください。

続きを読む Webカメラの「Qcam Pro for Notebooks」が届いたヨ

GPSロガーの「Holux M-241」が届いたヨ

HOLUX M-241

今日はいっぱい通販で買った物が届く日でした、合計4つ。まずはGPSロガーから。

GPSっていうとGARMINとか有名だけど、GPSロガーというガジェットが存在するなんて先日まで知らなかったの。少年時代からGARMINが欲しくて憧れて、代わりにauのGPS携帯をGETして、gpsOneコマンドを解析したりして満足しちゃって、あれだけ欲しかったGARMINは1回も買ってない。

位置情報にはまってたとき、auのGPS携帯のJavaアプリを作って、サーバと連動したリアルタイム位置表示システムを作ったりしたけど、結局電池消費がすごくてどうしようもなかった記憶。それと同じような、GPSログを刻々と記録し続けるのが、このGPSロガー。本体に10万以上のポイントを記録できて単三電池で12時間も動くすごいやつ。

早速つかってみた。 ・・家の中でつかっても面白くもなんともない。

PCとの接続はUSBかBluetoothで疑似シリアルポートとして繋ぐ。ログの転送や変換とか一通り使い勝手を試す。まぁ、これが普通の使い方。やりたかったのは次。

続きを読む GPSロガーの「Holux M-241」が届いたヨ

EeePC買ったヨ

EeePC

ブログしばらくあけててごめんなさい

今日ビックカメラに行くと、先週土曜日に新しく発売されたEeePCがあったから買っちゃった^^
イーモバイルと同時に契約で安く買えるので、イーモバイルも契約しちゃった^^
これで、コジャレたオープンカフェとかでビジネスしてる凄腕サラリーマンを演じながらニコニコ動画を見たりできるわけで、夢が広がります。

こういう小さいPC買うのってリブレット以来だったかな?これ系の楽しみは極限までカスタマイズして使いやすくする作業も含んでいるので、これから1週間はコイツと楽しく過ごせそう。

ゆくゆくは自転車に乗せて、USBカメラとヘッドセットを駆使しつつ、PeerCastでリアルタイム自転車サイクリング配信とかしてみたいのです。ワクワク。

そんなわけで、今は非常に引き籠りしたくない気分なのでボクを色々なところへ誘ってください。よろしく。

ブラザーのFAX複合機買いました


Brother A4インクジェットFAX複合機 MyMIO MFC-480CN 6000×1200dpi

自分専用のFAXが欲しかったのと、フラットベッドのコピー機があるといいなって思っていたので購入してみて、今日到着。

接続方式が無線LAN・有線LAN・USBと至れり尽くせりかつ、フラットベッドにもかかわらずADF(自動原稿送り機能)ができ、おまけにSDとかコンパクトフラッシュとかUSBメモリからのダイレクトプリントもできちゃう、最強に複合されまくった複合機!これで19000円は安すぎ。いつも思うけど、ブラザーってこれでペイできてるのかが不思議。今は知らないけど、昔にトナー交換代金より本体価格のほうが安かったレーザープリンタとかあったし。そんなブラザーは地元の会社なので、応援するぜ!

早速設置してみた。電話回線に接続し、外部電話機とも接続。PCとの接続は有線LANを選択し、ドライバやアプリケーションをインスコ。

試しにプリントしてみたけど、印刷品質はまったく問題ないレベルです。目的が違うので、エプソンとかキャノンと比べるのは可哀想なんだけど、L版に印刷しか限りではいい勝負してると思う。スピードは少し遅いかな、ただFAXが常に動いている状態なのでホットウォーミングしなくてもいいという点で、総合的に早くなるんじゃないかな。

スキャナはTWAINでの取り込みはもちろんのこと、本体のボタンを押すことでPC側にメールで画像を添付しろ!だとか、OCRして文書を読み取れ!とか命令できちゃう。

他にもいろいろ機能がありすぎて、全てを使いこなすには時間がかかりそうだけど、ものすごくポテンシャルを持ったお買い得な複合機だってことは十分に理解した。オススメです。