日本百名山全山踏破 99座目 立山、100座目 剱岳

剱岳頂上日本百名山
スポンサーリンク

光岳、聖岳から立山、剱岳まで

日本百名山最後の2座に残った立山と剱岳

以前にも書いた通り、最後は剱岳と決めていた。
それは、日本百名山全山踏破を挑戦すると決めたときに、剱岳に登れる体力と技術を持ち合わせていなかったということもあるが、日本百名山の中でも一番憧れていた山を最後まで残しておくことで、絶対やり遂げるというモチベーションを高めるためというのが大きい。

その剱岳についに登ることに。しかも、前日の立山連峰の縦走とセットになった、ご褒美のようなテント泊登山。

今まで天気が良くない中でも遠征へ向かっていたが、最後くらいは良い天気の中で登山をしたい。9月は週末のスケジュールを全て開けて、台風の動きにドギマギされつつも晴れるタイミングを狙った。

2021年9月19日 富山から長野へ、立山黒部アルペンルートを乗り通す

同時に乗り鉄として、いつかは乗り通してみたかった立山黒部アルペンルートを富山県の立山駅から長野県の扇沢まで乗り通す。

大学生の頃に黒部ダムから下ノ廊下を歩いた時、立山駅から室堂までは乗ったことがあるが、その先は未乗車。登山と同じくらい楽しみだ。

富山駅
富山駅

高速バス(千栄交通の2500円という激安4列シート)で富山駅に。
いつも富山駅は工事をしてるイメージがあるけど、なんでだろ。

富山地方鉄道で電鉄富山駅から立山駅へ

電鉄富山駅
電鉄富山駅

電鉄富山駅で予め購入していた予約WEBきっぷを発券。

電鉄富山駅から立山駅へ
電鉄富山駅から立山駅へ

富山地方鉄道で電鉄富山駅から立山駅へ。
去年のシルバーウィークに折立へとアクセスしたので、1年ぶりの地鉄。

立山駅
立山駅
立山駅でケーブルカー待ち
立山駅でケーブルカー待ち

立山ケーブルカーで立山駅から美女平へ

美女平行きの立山ケーブルカー
美女平行きの立山ケーブルカー

立山駅で美女平行きの立山ケーブルカーに乗車。
荷台が連結してあり、ザックはそちらに預ける。

立山ケーブルカー
立山ケーブルカー
立山ケーブルカー
立山ケーブルカー
美女平
美女平

美女平に到着。

立山高原バスで美女平から室堂へ

立山高原バスで室堂へ
立山高原バスで室堂へ

立山高原バスで室堂へ。
標高977mの美女平から、50分かけて標高2450mの室堂まで上る。
座席にはUSB充電端子があったので、iPhoneを最後の充電。ありがたい。

立山高原バス
立山高原バス
室堂手前のソーメン滝
室堂手前のソーメン滝

称名滝はガスっていてよく見えなかったが、室堂手前のソーメン滝は車窓からよく見えた。

室堂
室堂

室堂に到着して、渡された登山届を記入し提出。
「剱岳は渋滞するから、帰りの最終便に間に合うよう早めの行動を」とアドバイスを頂く。

立山、剱岳の山行記録

  • 日程:2021年9月19日(日) ~ 2021年9月20日(月)
  • 天候:【1日目】快晴【2日目】くもり

アクセス

【往路】
[富山地方鉄道] 電鉄富山駅→立山駅
[立山ケーブルカー] 立山駅→美女平
[立山高原バス] 美女平→室堂
【復路】
[立山トンネルトロリーバス] 室堂→大観峰
[立山ロープウェイ] 大観峰→黒部平
[黒部ケーブルカー] 黒部平→黒部湖
[関電トンネル電気バス] 黒部ダム→扇沢

乗車5日前に立山黒部アルペンルート( https://www.alpen-route.com )のWEBきっぷを購入。その時点で8時40分より前の室堂行きケーブルカーは全て予約が満席だった。
前日の正午まではキャンセル料もかからないので、早めに予約しておいたほうがよさそう。
電鉄富山から扇沢へのきっぷを購入していたので、電鉄富山駅にある端末で発券。乗車日から5日間有効。

⏱タイム🏃距離↗登り↘下り
12:4018.1km2,198m2,214m

コースタイム

1日目

室堂 10:06 → 11:07 浄土山 11:08 → 11:16 浄土山南峰 → 11:34 一の越山荘 11:35 → 12:17 雄山 → 12:54 立山 13:04 → 13:05 大汝休憩所 → 13:15 富士ノ折立 13:16 → 13:40 真砂岳 13:46 → 14:28 別山南峰 14:38 → 15:15 剱沢キャンプ場

山行タイムライン
  • 10:06
    室堂
    室堂
    室堂

    ホテル立山を通り、外に出ると堂々たる立山の稜線。

    立山玉殿の湧水
    立山玉殿の湧水
    室堂
    室堂

    1日目は立山三山を巡りながら剱沢キャンプ場を目指すので、まずは浄土山に登る。

    室堂
    室堂

    その後、稜線の左から右へ雄山、大汝山、真砂岳、別山と歩く予定。

    石畳の道
    石畳の道

    一ノ越まで続く立派な石畳の道。

    浄土山の登山道
    浄土山の登山道

    浄土山の登山道に入ると険しい道に。

    振り返ると大日岳と室堂平
    振り返ると大日岳と室堂平
  • 11:07
    浄土山
    浄土山(北峰)の近く
    浄土山(北峰)の近く

    立山三山の中でも浄土山は過去を表す山。

    北アルプスの山々
    北アルプスの山々

    左奥の鋭いのが槍ヶ岳・穂高。
    真ん中あたりが水晶岳、右に鋭いのが笠ヶ岳。
    そして右に進むと黒部五郎岳、山容もよくわかる薬師岳。

  • 11:16
    浄土山南峰
    浄土山南峰
    浄土山南峰

    浄土山南峰から次に目指す雄山を望む。

    立山連峰の稜線
    立山連峰の稜線

    一ノ越を経由して雄山から別山までの立山連峰の稜線。
    そして奥には剱岳も一望できる最高のロケーション。

    東側には蓮華岳、針ノ木岳
    東側には蓮華岳、針ノ木岳
  • 11:34
    一の越山荘
    一ノ越
    一ノ越

    一ノ越まで下りてきた。100m下って、300m登る。

    一ノ越から望む室堂平
    一ノ越から望む室堂平

    草紅葉のグラデーションが美しい。

    一の越山荘
    一の越山荘

    ここから雄山までは登山者がとても多く、渋滞していた。

  • 12:17
    雄山
    立山雄山の一等三角点
    立山雄山の一等三角点

    立山雄山の一等三角点に登頂。
    南側は北アルプス南部の峰々。

    雄山神社
    雄山神社

    立山三山の中でも雄山は現在を表す山。

    雄山神社 社務所
    雄山神社 社務所
    雄山神社峰本社
    雄山神社峰本社
    雄山
    雄山
    雄山からの眺め
    雄山からの眺め

    右側あたりに見えるはずの富士山は雲が多く不明瞭。
    左側、遠く見える稜線は浅間山だろうか。

    雄山からのパノラマ
    雄山からのパノラマ
    雄山神社峰本社
    雄山神社峰本社
  • 12:54
    立山
    立山連峰最高峰の大汝山
    立山連峰最高峰の大汝山

    立山連峰最高峰の大汝山に登頂。
    ここで日本百名山99座目となり、剱岳を残すのみ。

    大汝山から見下ろす
    大汝山から見下ろす

    大日岳、奥大日岳。手前に地獄谷、ミクリガ池。
    一応、富山湾も見えてるのかな?

    剱岳と別山までの稜線
    剱岳と別山までの稜線
  • 13:05
    大汝休憩所
    大汝休憩所
    大汝休憩所
    北東側の眺め
    北東側の眺め

    右から鹿島槍ヶ岳、五龍岳と背後に妙高戸隠連山の峰々。

  • 13:15
    富士ノ折立
    富士ノ折立
    富士ノ折立

    富士ノ折立へは登らずそのまま稜線歩き。

    内蔵助カールと氷河
    内蔵助カールと氷河

    内蔵助カールの氷河は、グレートトラバース3で一般登山道で行ける唯一の氷河として紹介されていた。

    富士ノ折立までの稜線
    富士ノ折立までの稜線

    真砂岳手前で振り返る富士ノ折立までの稜線。

  • 13:40
    真砂岳
    真砂岳
    真砂岳

    真砂岳頂上から望む、鹿島槍ヶ岳と五龍岳。

    地獄谷の火山ガス
    地獄谷の火山ガス

    地獄谷の火山ガスもよく見える。

    後立山連峰
    後立山連峰

    白馬岳から五龍岳まで後立山連峰もよく見える。

    別山越しの剱岳
    別山越しの剱岳
    別山までの道
    別山までの道

    本日最後の登り、別山までの道。

  • 14:28
    別山南峰
    別山頂上
    別山頂上

    立山三山の中でも別山は未来を表す山。
    浄土山、雄山、別山の立山三山をコンプリート。

    別山からの剱岳
    別山からの剱岳

    最初に登った浄土山から遥か遠くに見えていた剱岳が、間近に見えるようになった。
    明日に登る予定だが、100座目に相応しい貫禄のある険しい山。

    タテヤマチングルマ
    タテヤマチングルマ

    なんとなく赤みがかって見える。

    別山から剱岳を望むパノラマ
    別山から剱岳を望むパノラマ
    西側室堂平方面
    西側室堂平方面
    剱岳への道
    剱岳への道

    これから下りる道。剣山荘、剱沢小屋が見える。

  • 15:15
    剱沢キャンプ場
    剱沢キャンプ場
    剱沢キャンプ場

    剱沢キャンプ場に到着。

    剱沢キャンプ場
    剱沢キャンプ場

    キャンプ場の受付。
    今年から値上がりして1人1000円に。予約は不要。

    剱沢キャンプ場
    剱沢キャンプ場

    斜面ではあるが、テントを張る。
    夜は予想してたより冷え、使わないだろうと思っていたダウンパンツまで着込んで就寝。

2日目

剱沢キャンプ場 04:11 → 04:15 剱澤小屋 04:16 → 04:32 剣山荘 04:35 → 04:54 一服剱 04:55 → 05:33 前剱 05:35 → 05:48 前劔の門 → 06:09 平蔵の頭 06:11 → 06:18 カニのタテバイ 06:34 → 06:41 カニのハサミ 06:42 → 06:47 剱岳 07:05 → 07:08 カニのハサミ 07:09 → 07:17 カニの横バイ 07:27 → 07:31 平蔵の頭 07:32 → 07:47 前劔の門 → 07:56 前剱 → 08:26 一服剱 → 08:41 剣山荘 08:42 → 08:59 剱澤小屋 → 09:06 剱沢キャンプ場 10:06 → 10:44 剱御前小舎 → 11:31 浄土橋 11:32 → 11:51 雷鳥沢ヒュッテ → 11:58 雷鳥荘 → 12:14 みくりが池温泉 → 12:18 みくりが池 → 12:25 ホテル立山 → 12:27 室堂

山行タイムライン
  • 04:11
    剱沢キャンプ場
    剱澤小屋手前
    剱澤小屋手前

    渋滞に巻き込まれたくないので予定よりも出発時間を早めた。
    核心部手前の前剱あたりで明るくなっていればいいと逆算し、4時過ぎに出発。
    剣山荘までの道はゴーロが広がっていて暗いとわかりにくい。

  • 04:15
    剱澤小屋
  • 04:32
    剣山荘
    渋滞の最後尾
    渋滞の最後尾

    剣山荘を過ぎたあたりからは渋滞の最後尾へ。
    気になるほど遅くないし、ソロだと前がいないと不安なので頼らせてもらうことにした。

    1番の鎖場
    1番の鎖場

    1番の鎖場へ。この後もプレートの番号順に難所を攻略していく。

  • 04:54
    一服剱
    明るくなってきたがガスっている
    明るくなってきたがガスっている

    若干明るくなってきて、それと同時にガスってることを知る。

    雷鳥
    雷鳥

    ガスっているおかげなのか、雷鳥とご対面。
    5羽ほど近くで鳴いていたのをしばらく見届ける、癒やされる。

  • 05:33
    前剱
    前剱頂上
    前剱頂上

    登りと下りで道が違うところも矢印のペイントでわかりやすい。

    前剱の門
    前剱の門

    前剱の門。登りルートの難所。

  • 05:48
    前劔の門
    前剱の門
    前剱の門

    鉄の橋を渡ってから、岩場をトラバース。

    前剱の門
    前剱の門

    高度感はない。落ちても大丈夫そう(個人の感想であり……)。

    前剱の門
    前剱の門
    前剱の門
    前剱の門
    タテヤマチングルマ
    タテヤマチングルマ
    イワツメクサ
    イワツメクサ
  • 06:09
    平蔵の頭
    平蔵の頭の登り
    平蔵の頭の登り

    平蔵の頭。鉄のくいを足場にして登っていく。

    上から見た所
    上から見た所
    岩稜のトラバース
    岩稜のトラバース

    岩稜のトラバースが続く。

    カニのタテバイ
    カニのタテバイ

    見えてきたのが、登り最後の難所カニのタテバイ。

    カニのタテバイ
    カニのタテバイ

    上まで人が連なっている。

    カニのタテバイ
    カニのタテバイ

    渋滞してるので10分ほど順番待ち。
    冷えないように行動食をつまむ。

  • 06:18
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    カニのタテバイ

    下を見下ろす。
    落ちても怪我はするけど死ぬことはないと思う(個人の感想であり……)。

    カニのタテバイ
    カニのタテバイ
    下りルートのカニのヨコバイ
    下りルートのカニのヨコバイ

    カニのタテバイが終わると、下りルートであるカニのヨコバイを通過している人が見えた。
    なんかものすごい所を行くんだな。

  • 06:41
    カニのハサミ
    剱岳頂上部
    剱岳頂上部

    頂上部はガスってる。

  • 06:47
    剱岳
    剱岳頂上
    剱岳頂上

    剱岳頂上について日本百名山の全山踏破。
    やり遂げて口元がほころぶが、下山するまでが登山、決して油断はしない。

    剱岳の三等三角点
    剱岳の三等三角点

    2004年に設置された剱岳の三等三角点。
    設置場所の岩と同化してしまっているので、登山者に踏まれまくっていた。

    剱岳頂上
    剱岳頂上

    頂上はそこそこ広い。

    下山
    下山

    ガスが晴れるのを待たずに下山。

  • 07:08
    カニのハサミ
    別山尾根
    別山尾根

    下のガスは晴れてきて、荒々しい別山尾根を目前にする。
    こんなところ登ってきたんか。

  • 07:17
    カニの横バイ
    カニのヨコバイ
    カニのヨコバイ

    最大の難所と言われるカニのヨコバイ。

    カニのヨコバイ
    カニのヨコバイ

    この切れ落ちた岩壁の赤いペイントがされたところに足を踏み出す。

    カニのヨコバイ
    カニのヨコバイ

    あとは下り気味のトラバース。

    カニのヨコバイ
    カニのヨコバイ
    長いハシゴ
    長いハシゴ

    長いハシゴ。これをカニのタテバイにもつければいいのに、とか思った。

  • 07:31
    平蔵の頭
    平蔵の頭
    平蔵の頭

    平蔵の頭。スラブを登っていく。

    山頂方向を見ると、ガスが晴れているようにも見える。

  • 07:47
    前劔の門
    前剱の門
    前剱の門

    登りルートの下部を歩くことになるので、落石に注意。

  • 07:56
    前剱
    剱沢と一服剱までの稜線
    剱沢と一服剱までの稜線
    イワツメクサ
    イワツメクサ
  • 08:26
    一服剱
  • 08:41
    剣山荘
    剣山荘
    剣山荘
    ミヤマリンドウ
    ミヤマリンドウ
  • 08:59
    剱澤小屋
  • 09:06
    剱沢キャンプ場
    剱沢キャンプ場
    剱沢キャンプ場

    剱沢キャンプ場に戻り、休憩しつつテントを片付け。
    重いザックを背負い直してキャンプ場を出発。

    別山乗越
    別山乗越

    別山乗越から振り返り、剱岳を見納めようと思ったが生憎の雲。

  • 10:44
    剱御前小舎
    剱御前小舎
    剱御前小舎
    雷鳥坂
    雷鳥坂

    雷鳥坂を下る途中に綺麗に色付いた木々を前景に、雷鳥沢キャンプ場。

    雷鳥坂
    雷鳥坂
  • 11:31
    浄土橋
    浄土橋
    浄土橋

    称名川を渡る。

    雷鳥沢キャンプ場
    雷鳥沢キャンプ場
    雷鳥沢キャンプ場
    雷鳥沢キャンプ場
    雷鳥沢キャンプ場
    雷鳥沢キャンプ場
  • 11:51
    雷鳥沢ヒュッテ
    地獄谷
    地獄谷

    噴煙が立ち上る地獄谷。

  • 11:58
    雷鳥荘
    雷鳥荘
    雷鳥荘

    ここから先、地獄谷から火山ガスの風下となり、むせそう。

    火山ガス
    火山ガス

    火山ガスが遊歩道を直撃。

    血の池
    血の池
  • 12:14
    みくりが池温泉
    ミクリガ池
    ミクリガ池
  • 12:18
    みくりが池
  • 12:25
    ホテル立山

  • 12:27
    室堂
    室堂
    室堂

    室堂に戻ってきて、無事下山。
    ここからは観光モード、立山黒部アルペンルートの続きで扇沢へ向かう。

立山トンネルトロリーバスで室堂から大観峰へ

立山トンネルトロリーバスの室堂
立山トンネルトロリーバスの室堂

立山トンネルトロリーバスで大観峰へ。

立山トンネルトロリーバス
立山トンネルトロリーバス

関電トンネルトロリーバスが電気バスに置き換わったので、ここが日本で唯一走るトロリーバス。

  • 立山トンネルトロリーバス
  • トロリーバスのトロリー(架線)
  • トロリーバスのすれ違い
  • 青色にライトアップされた区間が破砕帯
大観峰
大観峰

大観峰からロープウェイに乗り換え。

立山ロープウェイで大観峰から黒部平へ

立山ロープウェイ大観峰
立山ロープウェイ大観峰

立山ロープウェイで黒部平へ。

立山ロープウェイのすれ違い
立山ロープウェイのすれ違い

向こうで手を振ってくれている。

黒部平
黒部平

あっという間に黒部平へ到着。
紅葉がもっと進むと綺麗だろうな。

黒部ケーブルカーで黒部平から黒部湖へ

黒部ケーブルカー黒部平
黒部ケーブルカー黒部平

続いて黒部ケーブルカーで黒部湖へ。

黒部ケーブルカーのすれ違い
黒部ケーブルカーのすれ違い
黒部湖
黒部湖

黒部湖に到着。

黒部ダム

黒部ダム
黒部ダム

ここからはダム堰堤の上を歩いて移動。

黒部ダム
黒部ダム
黒部湖と黒部ダム
黒部湖と黒部ダム
黒部ダムの観光放水
黒部ダムの観光放水
黒部ダム直下
黒部ダム直下

この黒部ダムの直下まで下って下ノ廊下を歩いたときに、黒部ダムに来たことがあるが、通過しただけだったので、今回はしっかり観光。

  • 黒部ダム
  • 自動で記念写真を撮ってくれる機械
  • 黒部ダム
  • 黒部ダム
  • 黒部ダム
  • 黒部ダムレストハウス
  • 殉職者慰霊碑
黒部ダムカレー
黒部ダムカレー

黒部ダムカレー。辛口仕様で、黒部湖の色を再現した緑色のカレー。美味しい。

ハサイダー
ハサイダー
黒部ダム
黒部ダム

関電トンネル電気バスで黒部ダムから扇沢へ

関電トンネル電気バス黒部ダム
関電トンネル電気バス黒部ダム

立山黒部アルペンルートの最後は、関電トンネル電気バスで黒部ダムから扇沢へ。

関電トンネル電気バス
関電トンネル電気バス

トロリーバスから置き換えられた電気バス。

終点の扇沢
終点の扇沢

駅アナウンスが「おうぎさわー、おうぎさわー」と松本駅の「まつもとー、まつもとー」と同じイントネーション。

扇沢駅
扇沢駅
扇沢総合案内センター
扇沢総合案内センター

帰りのバスまで時間があったので、近くにある扇沢総合案内センターへ。
ここでは「黒部の太陽」関連の展示などがある。

  • トロバス記念館
  • 関電トンネルトロリーバス
  • 関電トンネルトロリーバス

今年の春からトロバス記念館として、関電トンネルトロリーバスの引退した車両が展示されている クラウドファンディングで保存を呼びかけて、奇跡的に残っていた最後の1台の展示が実現したそうだ。 https://readyfor.jp/projects/torobus-omachi

新宿

バスタ新宿
バスタ新宿

と、立山黒部アルペンルートの観光も終わり、あとは新宿までのバスに乗って帰るだけのはずだった……。

  1. 諏訪湖SAに緊急停車、同じアルピコ交通のさわやか信州号がエンジントラブルで乗客移動、ガラガラの車内が満席に。
  2. 双葉SAでの駐車時に接触事故、警察の現場検証等で1時間以上の遅れ。
  3. 連休最終日 中央道の渋滞にハマる。

16:10 に扇沢を出発して 21:11 に到着予定だったのだが、日付を越えて 0:30 到着。終電間に合わず……。
ものすごい1日だった。

アルピコ交通からの返金案内
アルピコ交通からの返金案内

結局タクシーで自宅に帰ったが、延着補償が行われない高速バスとしては珍しく、タクシー代金を返金していただいた。

当時の感想

コース状況・危険箇所等

【室堂~浄土山】
室堂からの石畳から浄土山登山道に分岐すると、急に荒々しくなる。
【一ノ越~雄山】
登りと下りで別ルートとなっている所もあるが終始渋滞。
【雄山~別山の稜線】
特に危険なところはない(稜線なので日差し、突風等で問題になる時もあるかと)。
【別山~剱沢】
途中、踏み跡を間違え正規ルートより少し東の沢を下ってた(同じく前のパーティーも)。目前のキャンプ場ばかり見ずに、足元も見よう。
【剱沢キャンプ場~剣山荘】
広いゴーロをトラバースするような道があるが、暗いとマーキングが分かりづらい。
【一服剱、前剱】
鎖場は問題なるところはないが、岩峰のトラバースは慎重に(下りでも)。
【前劔の門、カニのタテバイ】
登りの難所。高度感はないし、落ちても死ぬことはなさそう。
【カニのヨコバイ】
下りの難所。岩壁の赤いペイントに足を踏み出す勇気があれば、あとは鎖を信じるのみ。
【雷鳥荘~ミクリガ池】
地獄谷からの火山ガスがちょうど風下できつかった。

感想・記録

立山と剱岳を日本百名山の99座目と100座目で登りたいと思い、ずっと取っておいた憧れの山にようやく登ることが叶った。
当日まで台風14号の行方にどぎまぎされたが、室堂に来てみると圧巻の澄み渡る空で、堂々たる立山連峰の稜線が迎えてくれた。

立山三山は浄土山・雄山・別山の3つを指し、それぞれ過去・現在・未来を表すという。これまで登った百名山の山々を思い出しながら、これからの山行に繋げていくというエモさを噛み締めながら立山の稜線を歩き、99座目となる立山連峰最高峰となる大汝山に登頂した。

浄土山からは遠くに見えた剱岳も、別山まで歩き切ると貫禄のある険しい姿をまじまじと見せつけて、百名山最後の山として最高に相応しいと感慨に浸る。
翌日、暗いうちから出発。核心部の難所も各個撃破し難なく剱岳に登頂。やり遂げたという嬉しさが溢れてきたが、下山するまでが登山、気持ちを引き締めて山頂を後にした。

費用

遠征中にかかった費用は、遠征最初の百名山にまとめて書くことにします。

交通費:電車 157円、高速バス 新宿→富山駅 2450円 扇沢→新宿 5800円、立山黒部アルペンルート WEBきっぷ 館山駅→扇沢駅 10530円 / 計 18937円
宿泊費:剱沢キャンプ場 1000円
食費(概算):朝昼晩 2日分 4000円、行動食 2日 600円 / 計 4600円

合計:24537円

今に省みる

最後に剱岳を登ることができて幸せ。本当にパズルのラストピースをはめるように、日本百名山を締め括ることができた。

日本百名山を全座登るまでにかかった金額等はまた別の記事でまとめる予定。


コメント

タイトルとURLをコピーしました