ヤマノススメ聖地巡礼 – 荒船山

ヤマノススメ原作

【六十一合目】荒船山

  • メンバー:あおい、ひなた、ほのか
  • アクセス:高崎駅-内山峠
  • コース:内山峠登山口→艫岩→荒船山(経塚山)(1,423m)
  • 備考:ほのか兄の車(レガシィ ツーリングワゴン)で内山峠まで送迎
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年6月15日[日帰り]
コース:内山峠→鋏岩修験道場跡→一杯水→艫岩→荒船山避難小屋→経塚入口→荒船山→経塚入口→相沢分岐→艫岩→一杯水→鋏岩修験道場跡→内山峠

車で下仁田側から国道254号で内山峠に向かう途中、目前に現れる荒船山の姿に思わず車を停めて撮影(峠の茶屋より下仁田側の道路)
今から、ここの上へと登りに行くというのが信じられない
テーブルマウンテンのような荒船山

早朝5時過ぎに内山峠の登山口にある駐車場についたが、既に先客の車が1台止まっていたので、その隣に駐車する
駐車場は15台くらいは停められそうなスペースがある
内山峠駐車場内山峠登山口

雨上がりではあったが、道は泥濘もなくて歩きやすい
ただし、やたらクモの糸や幼虫の糸のトラップに引っかかる。直近で自分より前に歩いた人はいないんではなかろうか?駐車場に停まっていた車が気になりながらも進んでいく

崩れやすいようなトラバース部分には、歩きやすいように整備されており安心
荒船山登山道荒船山登山道

一杯水には新しい橋が架けられていた。ここは、木橋が腐食して去年の12月まで通行止めだった箇所のようだ
橋の下に、通行止めの標識と朽ち果てた木材が落ちているのを下山時に発見した一杯水の新しい橋

しばらく続いた登りが終わり、一転して平らな道に
この断崖絶壁という看板がなければ、普通のハイキングと何ら変わらないような木々と草に囲まれた道である
断崖絶壁危険の看板

荒船山避難小屋。トイレは使えないという張り紙があった
荒船山避難小屋

断崖絶壁に張り出している艫岩へ
ビビりなので、下を覗くことはできない
艫岩展望台

艫岩からのパノラマ
荒船山に登っている中で展望があったのはここからのみ
艫岩からのパノラマ

なんてことない普通の道を歩いているだけだが、第三者視点でテーブルマウンテンの上から俯瞰した様子を想像するだけでドキドキしてくる
荒船山のテーブルを歩く

途中のクリンソウ群生地に寄り道

クリンソウが一面に咲き誇っていた
今がちょうど見頃なのかな?朝露に濡れて一層鮮やかに映る
クリンソウ群生地クリンソウが一面に咲く

荒船山の奥にあるピーク経塚山への登り道
滑りやすくなっているので下りでは注意が必要(実際、滑ったので)
経塚山への登り道

経塚山に着くが、周りの木々で展望が遮られている
写真を撮ったら、そそくさとピストンで引き返す
ここまで誰とも出会わなかったので、自分より前に内山峠からピストンしている人はいなかったのかな
経塚山山頂経塚山山頂

艫岩付近まで戻ってきた
転落防止用のロープが張られているけど、張る高さがちと低い気がする
艫岩付近のロープ

登山口から近い2つに分かれた道、登りは上側を通ったが下りは下側の巻道を通ってみた
巻道は細くて危なく感じたので、多少アップダウンとなるが上側の道を通ったほうが安全だと思う
登山口近くの巻道

登山前から荒船山の山容にビクビクと恐れていたけど、断崖絶壁に接する様な所は艫岩だけで、よく整備されていて歩きやすいコースだった

下山後、登山口の駐車場に数名の警察官がいて、例の車の方が行方不明となっており探しているということを告げられた。入山時に感じた違和感はこれか
経塚山までのルートで誰とも出会わなかったこと、おそらく早朝には誰も登山道を歩いてないことぐらいしか伝えられなく、役に立てなくて申し訳ない

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 金時山~塔ノ峰

ヤマノススメ原作

【九十五・九十六合目】《スピードハイク、縦走》箱根外輪山〈金時山~明神ヶ岳~明星ヶ岳~塔ノ峰〉

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな
  • アクセス:乙女峠バス停
  • コース:乙女峠バス停→乙女峠→金時山(1,212m)→明神ヶ岳(1,169m)→明星ヶ岳(923m)→塔ノ峰(566m)→露天風呂かっぱ天国→箱根湯本駅
  • 備考:金時山頂上の金時茶屋でうどんを食べる。下山後は露天風呂かっぱ天国で温泉に入浴
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年5月29日[日帰り]
コース:乙女峠バス停→乙女峠→長尾山→金時山→公時神社分岐→矢倉沢峠→明神ヶ岳→明神ヶ岳展望地→明神・明星コース鞍部→明星ヶ岳→明星ヶ岳登山口→塔ノ峰山頂入口→塔ノ峰→阿弥陀寺→函嶺洞門駐車場→箱根湯本駅→入生田駅→石垣山駐車場→石垣山(笠懸山)(257m)→石垣山駐車場→小田原駅

小田急箱根高速バスにバスタ新宿から乗車。東名高速の渋滞で予定よりも15分ほどの遅れで乙女峠バス停へ到着

最初から富士山の絶景ポイントで、バスを降りた登山客がすぐにカメラを取り出す展開
時折ものすごいスピードで車道を下ってくる車がいるので、道路を横断する際は気をつけてください

ふじみ茶屋には熊と金太郎の像も
乙女峠バス停乙女峠バス停ふじみ茶屋ふじみ茶屋

乙女峠バス停から少し上がった左側に金時山・乙女峠ハイキングコースへの入口があります
車が侵入しないようにチェーンが張ってあるが、脇を通って中に進む
金時山・乙女峠ハイキングコースへの入口金時山・乙女峠ハイキングコースへの入口

前日が雨だったせいか、ひんやりした空気が気持ちいい
それでいて、泥濘や滑りやすいところがないので歩きやすい
乙女峠へのハイキングコース

木々に囲まれた場所の乙女峠
この看板の手前に乙女峠展望台という名がついた展望台があるのだが、木が邪魔をしてて期待した展望はありませんでした
乙女峠

乙女峠の由来には悲しいストーリーが・・・
乙女峠の由来

乙女峠から金時山の稜線だが、細かいアップダウンがあり、最後には急登
金時山へのハイキングコース金時山へのハイキングコース金時山へのハイキングコース

金時山の山頂は開けていて、見事な展望が広がる
逆側から金時山へ登ってきた人は、今まで富士山が見えてなかっただけに感動も大きいようで、「ここまで登ってきてよかった」という声があがってた
金時山山頂金時山山頂と富士山富士山

金時山山頂からのパノラマ
金時山からのパノラマ

金時山を下りていくと、目前にいまから進むハイキングルートがくっきりと見え、テンションがあがる
明神ヶ岳へのハイキングコース

矢倉沢峠の分岐
金時山だけに登る人が多いので、ここから明神ヶ岳へのハイキングコースは登山者がぐっと減る
矢倉沢峠の分岐

行く先に見える外輪山の稜線
明神ヶ岳までは登って、あとは下っていくだけだな
箱根外輪山の稜線

矢倉沢峠からの登り途中で時々振り返ると、金時山で隠れていた富士山が徐々に姿を表していく
金時山と富士山

明神ヶ岳はピークを巻いてしばらく過ぎたところが広場となっており、休憩されてる人も多い
ちょうどお昼なので、ここで昼食をいただいた
明星ヶ岳山頂明星ヶ岳山頂

明神ヶ岳からのパノラマ
明星ヶ岳からのパノラマ

明神ヶ岳からの下り道では小田原市街と海が見え、箱根外輪山の東側に来たことを実感
小田原市街地が見えてきた

星ヶ岳のピークはこじんまりとした奥まった所にあった
明星ヶ岳明星ヶ岳山頂

明星ヶ岳を下りて、塔ノ峰の登山口までは900mほど車道を進む
明星ヶ岳登山口

塔ノ峰の登り途中でMTBで下っている人と遭遇、上のほうから自転車が来ると想定外の事態に一瞬戸惑ってしまう
塔ノ峰山頂入口

塔ノ峰山頂
塔ノ峰山頂

塔ノ峰までのハイキングコースとは一変して、踏み跡が枯れ葉に隠され分かりにくい下り道
日が暮れてからこの道を歩くのは難しいと思う
塔ノ峰からの下山道

阿弥陀寺の境内を通過し、塔ノ沢駅と箱根湯本駅の分岐
阿弥陀寺

急坂。車の通りもあるので注意が必要
露天温泉のかっぱ天国はこちらからも行ける
急坂かっぱ天国への階段

ゴール予定地の箱根湯本駅に到着しても時間に余裕があったので、以前より訪ねてみたかった豊臣秀吉が築城した一夜城を経由する形で小田原駅まで歩くことにした

箱根湯本駅の駅前にある公衆トイレでトイレを済まし、自販機で買ったコーラを体に入れる
ここから入生田駅まで国道1号の歩道を進む
箱根湯本駅箱根湯本駅

入生田駅前の交差点を右に進むと神奈川県立生命の星・地球博物館があり、道路に面した看板には石垣山一夜城へのウォーキングコースが紹介されていた
道中にも所々にコースの案内板があって見どころを紹介しているが、なにぶんコースがただの車道なので辛い
早川を渡る橋

右側にだけある歩道を歩いてきたが、この手前から車道には歩道がなくなる
遠回りしそうで嫌々ながらも仕方なく階段を登るが、整備されて車道を見下ろす形で並走する歩きやすい道だった
石垣山一夜城への歩行者用道路

ようやく石垣山一夜城歴史公園の入口に着いた
石垣山一夜城入口

一夜城の本丸にある展望台から小田原市街を望む
石垣山一夜城 本丸石垣山一夜城 展望台

一夜城歴史公園のすぐ隣にある”一夜城 ヨロイヅカファーム”という高級エイドステーションでカロリーを摂取
これで小田原駅まで下る元気がでてきた
一夜城ヨロイヅカファームカロリー源

小田原市街地まで最短となるコンクリートの生活道路を下るのだが、大腿四頭筋が常に引っ張られた状態になって悲鳴を上げてるのがよくわかった
一夜城に登る生活道路一夜城に登る生活道路

東海道本線沿いを小田原駅方面に歩く
小田原駅へのトンネル

小田原駅に到着。お疲れ様でした
小田原駅

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 妙法ケ岳

ヤマノススメ原作

【九十九合目】三峯神社~妙法ケ岳〈三峯神社奥宮〉

  • メンバー:楓、ゆうか、小春
  • アクセス:西武秩父駅-三峯神社バス停
  • コース:三峯神社バス停→妙法ヶ岳(1,329m)→三峯神社奥宮
  • 備考:パワースポットの三峯神社奥宮で合格祈願
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年5月20日~21日[一泊二日](雲取山縦走の途中で寄った)
コース
【1日目】三峯神社バス停→木の鳥居→三峯神社奥宮(妙法ヶ岳)→霧藻ヶ峰

三峯神社本宮と雲取山への縦走 の途中に妙法ヶ岳にも寄りました

三峯神社バス停の駐車場から階段を登って、左側の奥に三峯神社の本宮がある
三峯神社 神門守護神はニホンオオカミ本殿

登山道を少し進むと白い鳥居があり、こちらに登山届ポストや登山者数カウンター
「妙法ヶ岳への往復登山」は一番左のカウンターをプッシュ
白い鳥居登山届ポスト登山者数カウンター

しばらく登ると、雲取山へ向かう道と妙法ヶ岳(三峯神社奥宮)の分岐にある木の鳥居
妙法ヶ岳へは鳥居をくぐって先へ進む
ここからの道は斜面をトラバースしていくので、雪道の時には慎重に歩いたほうがよさそうだ
木の鳥居妙法ヶ岳への登山道

また鳥居があり、妙法ヶ岳へピストンする道との分岐
手前には休憩できるスペースもあった
妙法ヶ岳のピストン入口妙法ヶ岳手前の鳥居

コース終盤に待ち受ける崩れかけている木橋
板の間隔が開いている所があるので踏み外さないように注意して進む
そして、この先には急な階段と鎖場があり、登りきると三峯神社奥宮に到着
崩壊しつつある木橋崩壊しつつある木橋

三峯神社奥宮は立地のせいなのか、こじんまりとしてる。下の本宮は立派なのにね
三峯神社守護神のオオカミさん
三峯神社奥宮三峯神社奥宮三峯神社の守護神はニホンオオカミ

三峯神社奥宮からの眺望
妙法ヶ岳からの眺め妙法ヶ岳からの眺め妙法ヶ岳からの眺め

下山時の鎖場と急階段
斜度が急なだけなので、鎖を使わなくても大丈夫そう
鎖場急階段木橋

この後は、雲取山登山道に合流し、雲取山へと向かった

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る