‘マルス’ タグのついている投稿

ウイスキー蒸留所巡り – マルス 津貫蒸溜所

ウイスキー蒸留所巡り – マルス 津貫蒸溜所

2018年6月15日 訪問

2年ぶりの鹿児島で日本最南端のウイスキー蒸留所を訪れる

2016年に鹿児島に旅行で訪れたときは、蒸留所の前を通り過ぎただけだったが、今回はちゃんと蒸留所の見学を計画に入れた旅
早朝に開聞岳に登り、下山後に知覧特攻平和会館に寄り道してから津貫蒸留所を目指してドライブ

山あいの国道に突然大きな「津貫蒸留所」と書かれた旧蒸留塔が見えるのでわかりやすい
さっそく事務所で受付。ここもマルス信州蒸留所と同じでセルフの見学スタイルだ
マルス津貫蒸溜所マルス津貫蒸溜所

津貫蒸留所の見学

順路の最初に、旧蒸留塔へ向かうよう案内される
ここには実際に使っていた蒸留装置を真下から仰ぎ見ることができるほか、本坊酒造の歴史をパネルで展示している
旧蒸留塔

ウイスキー蒸留棟にある蒸留機は、蒸留所自体が新しいこともあって金属光沢に溢れてる
年季が入ってくすんだ蒸留機も味わいあるが、ピカピカな金管楽器のような美しさもいいな
ウイスキー蒸留棟ウイスキー蒸留棟ウイスキー蒸留棟

最後に石蔵の貯蔵庫へ
まだ樽は少ないが、熟成に向けて天使の分け前の匂いが香る
石蔵樽貯蔵庫石蔵樽貯蔵庫石蔵樽貯蔵庫石蔵樽貯蔵庫

本坊家旧邸「寶常」

蒸留所から小道を挟んで隣にあるのが、本坊酒造の二代目社長が暮らしていた邸宅
この旧邸を販売所と試飲バーとして公開している
和風の邸宅の中にはアンティークな洋風のバーがあり、雰囲気がとても良い

車で訪れたので試飲はできなかったが、お土産に蒸留所限定の焼酎を購入した
本坊家旧邸「寶常(ほうじょう)」本坊家旧邸「寶常(ほうじょう)」

ウイスキーBARウイスキーBAR

これで、国内ウイスキー7蒸留所(サントリー山崎・白州、ニッカ余市・宮城峡、キリン富士御殿場、マルス信州・津貫)の巡礼は完了となる
他にも地ウイスキーの蒸留所は各地にあるようだが、見学できるところは秩父のイチローズモルトくらいかな、機会があれば行きたい

ウイスキー蒸留所巡り – マルス 信州蒸溜所

マルスウイスキー 信州蒸溜所

2017年9月24日 訪問

中央アルプス縦走後にマルス信州蒸留所を見学

1泊2日の日程で木曽駒ヶ岳から空木岳への縦走登山を終え、駒ヶ根市の菅の台バスセンターまで降りてきた
そこから、更に30分ほど川を挟んで対岸にあるマルス信州蒸留所まで歩いて行く
縦走のためのザックを背負いながらアスファルト道を歩くのは結構辛い

岩井喜一郎は、竹鶴政孝の上司にあたりウイスキー造りを学ばせるためにスコットランドへ送り出した人で、この人がいなかったらニッカもサントリーもウイスキーを作っていなかったのかもしれない
その後、本坊酒造で岩井自身が竹鶴ノートをもとにしてウイスキー造りを始め、紆余曲折を経て今のマルスウイスキーに至る
マルスウイスキー信州蒸留所の敷地には、その岩井が設計した初代岩井式蒸留釜(ポットスチル)が展示されている
マルス信州蒸留所初代岩井式蒸留釜(ポットスチル)

工場見学は自由にコースを回る

他のメジャー蒸留所のように、ガイドさんが一緒について見学するのではなく、受付をした後は自由にコースを巡って見学してくださいというスタイル
貯蔵庫、原酒製造、ポットスチルという順番で見学。時間に縛られることもなく気軽に回ることができるのが嬉しい
貯蔵庫原酒製造原酒製造ポットスチル

見学後の無料試飲と有料試飲

見学後に無料で試飲できるウイスキーは、ツインアルプスとマルスウイスキー信州の2つ。それと、竜峡梅酒というブランデーベースの梅酒もあった
有料テイスティングリストのメニューには、岩井トラディッション、マルスモルテージ越百、駒ヶ岳 信濃蒲公英のウイスキー、ブランデー宝剣とジンの和美人
その中のうち、岩井トラディッションとマルスモルテージ越百をいただいた

登山後というコンディションのせいなのだが、ウイスキーを口に含んだだけで火を噴きそうで正常な味を判断できなかったのが申し訳ない
ただ、心地よい酔いは疲労を忘れさせてくれて、帰りのバス停がある駒ヶ根インターまで1時間かけて歩くのが全く苦ではなかった。ウイスキーすごい
無料試飲のウイスキー
有料試飲のウイスキー有料試飲のウイスキー有料試飲のウイスキー

マルスウイスキーは、最近になって新しく見学できる蒸留所を鹿児島の津貫にオープンした
昨年、鹿児島で乗り鉄している途中のバスで偶然にも津貫蒸留所の前を通り、その事実を知ったのだが
その時は分刻みのスケジュールで時間がなく行けなかったので、また鹿児島に行く機会を見つけて寄ることにしたい