‘日本百名山’ タグのついている投稿

ヤマノススメ聖地巡礼 – 石鎚山

ヤマノススメ原作



【百二十八合目~百三十六合目】石鎚山

  • メンバー:楓、小春
  • アクセス:高松空港-〈高速バス〉-高松駅-〈特急しおかぜ〉-多度津駅(予讃線が被災で運休していたため)-〈代行バス〉-観音寺駅-〈鈍行列車〉-伊予西条駅-〈バス〉-石鎚ロープウェイ前→山麓下谷駅-〈石鎚登山ロープウェイ〉-山頂成就駅
  • コース:山頂成就駅~玉屋旅館(玉屋旅館泊)~石鎚神社中宮成就社~八丁~試しの鎖~夜明峠~第一の鎖~第二の鎖~石槌山神社山頂社・弥山~(来た道を途中まで下りて登り直し)第三の鎖~石槌山〈天狗岳〉(1,982m)
  • 備考:伊予西条駅からのバスの時間に間に合わず、西条市観光交流センターへ立ち寄る
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年10月9日[日帰り]
コース:土小屋登山口→東稜分岐→二の鎖下→二ノ森・面河渓方面分岐→三ノ鎖(下)→石鎚山・弥山→石鎚山→南尖峰→東稜分岐→土小屋登山口

ヤマノススメの原作では、石槌山の北側から修験道を行くメジャーなルートで登っていたが、時間が短縮できる上に登山口まで車でのアクセスが可能な土小屋コースから登った

UFOラインこと瓶ヶ森林道を通り石鎚山の土小屋コースの登山口を目指す
瓶ヶ森林道は、まるで稜線歩きをしている気分を車で楽しめる気持ちのよい道
最近ではカローラスポーツのCMで話題になった道路
UFOラインこと瓶ヶ森林道

土小屋の駐車場は何箇所かあるようだが、どこも埋まっていて三連休最後の賑わい
土小屋の駐車場

国民宿舎石鎚
その奥に進むと、ここから登山道が始まる
国民宿舎石鎚国民宿舎石鎚 登山口

ブナの原生林に囲まれ、ゆったり登っていく
ブナの原生林

奥に見えるのが石鎚山かな?ここまできて初めて目にした
奥に見えるのが石鎚山

剣山でも咲いていたリンドウ
リンドウ

紅葉&三連休ということもあって、渋滞している
断って先に通してもらった
登山道の渋滞

二ノ鎖分岐手前の小屋
石鎚山最後の公衆トイレ
石鎚山最後の公衆トイレ

二ノ鎖と巻道との分岐
二ノ鎖と巻道との分岐

当然、鎖場を選ぶ

最初はクサリに頼らずにクライミングしようとするも、手の懸ける場所が見つからず手はクサリ使ってもいいやと妥協、そのうち足の置き場に困ったので、結局クサリに頼ることに。まだまだ自分には早かったようだ
二ノ鎖ニノ鎖

鎖場も混雑してて、なかなか先に進めないので、写真を撮るため振り返ると結構な高さだ
ニノ鎖から振り向く

二ノ鎖に続いて三ノ鎖へ
二ノ鎖に続いて三ノ鎖へ

三ノ鎖
アスレチックみたいなもんだが、落ちたらただ事じゃ済まなそうな高さがあるし、混雑で待機している間も握力を使う
三ノ鎖

三ノ鎖を登りきるとすぐに石鎚神社の鳥居が迎えてくれて、弥山の頂上へ
石鎚神社の鳥居

弥山山頂は広場となっているが、とても混雑している
目前に見える岩稜の矛先が天狗岳
弥山山頂弥山山頂

弥山方面へ振り返った景色は画になる
天狗岳への道から弥山山頂を振り返る

北側が切れ落ちているので、岩場を渡っていくのに高度感あってビクビク
苦手な人は岩場を下りた道を進むこともできる(結局こっちも岩場に登ったり下りたりで大変かも)
天狗岳への岩場

石小屋コースのルートがクッキリ
石小屋コースのルート

天狗岳山頂へ到着
とても狭いので写真を撮ったらさっさと通過
天狗岳山頂天狗岳山頂天狗岳山頂

天狗岳からのパノラマ
天狗岳からのパノラマ

さらに先へ進んで南尖峰
南尖峰

天狗岳と弥山
天狗岳と弥山

南尖峰から東稜基部に下りる東稜コースを進むのだが、下りる道が見つからずに一旦降りたら上がれない危険な岩へと降りてしまう
焦りながらも横道を見つけ、踏み跡のある場所に合流したが、なんとも危険なことをしてしまったと反省
東稜コースがわからず危険なルートへ

こっちから登ってくる人もいるんだな
東稜コースを登ってくる人

改めて下りてきたところを仰ぎ見るが、どこから下りたのかわからないぞ
東稜コース

笹薮に全身が覆われると、本当にこの道で合ってるのか不安になる。時々ある赤テープだけが癒やし
東稜コースの笹薮東稜コースの笹薮

東稜基部手前まで下りてくると、これから登る人に向けて「通行禁止」の看板
まぁ、納得できる
通行禁止

東稜基部の分岐
登りのときには気づかなかったので、かなりわかりにくいと思う
休憩スペースで広くなってるところの少し手前(土小屋寄り)
東稜基部の分岐

国民宿舎方面に下りて下山完了
下の駐車場へダイレクトに下りる道もあった
下山完了

二ノ鎖手前の小屋まではよく整備された歩きやすい道
山頂までを短絡するルートの二ノ鎖・三ノ鎖だが、鎖に鉄輪も繋がれて足場も確保できる
頂上山荘のある弥山から石鎚山最高点の天狗岳へは片側が切れ落ちた岩場歩きとなるので、強風や濡れている場合は危険かと
天狗岳から先の尾根伝いに東稜基部まで下りる東稜コースは、踏み跡を頼りにするしかないし危険な切れ落ちた岩場を下りることになる。登り口分岐の標識では「立入禁止」とされているようなので自己責任で

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 八方尾根スキー場~唐松岳

ヤマノススメ原作



【六十七合目】《雪山、山小屋泊》《登頂断念》八方尾根スキー場~八方池山荘~唐松岳

  • メンバー:あおい、楓、ほのか
  • アクセス:高崎駅-〈ほのか兄の車で上信越自動車道経由〉-八方尾根スキー場-八方駅-〈八方ゴンドラリフトアダム〉-兎平(この先2本のリフトで八方池山荘まで行けるが、強風でリフトが運行停止)
  • コース:八方尾根スキー場 兎平~黒菱平~八方池山荘(1,830m)(山小屋泊)~[第2ケルン~八方池~第3ケルン~丸山(2,420m)~唐松岳(2,696m)](八方池山荘から1時間歩いた所で唐松岳への登頂を断念)
  • 備考
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2018年7月24日[日帰り]
コース:八方池山荘→第2ケルン→八方ケルン→第三ケルン→扇雪渓→丸山→唐松岳頂上山荘→唐松岳→唐松岳頂上山荘→牛首→大黒岳→白岳→五竜山荘→五竜岳→五竜山荘→遠見尾根分岐→西遠見山→大遠見山→中遠見山→小遠見山→地蔵の頭→白馬五竜アルプス平

ヤマノススメに登場した唐松岳へ行く計画を前から立てていたが、せっかくなので五竜岳も合わせて日帰りで行けるかなと計画を立てる。
八方のゴンドラが6:30からなので、スタート地点の八方池山荘には7:00くらい。東京まで鈍行で帰ってこられる神城駅の最終が16:46、逆算するとゴール地点のアルプス平には16:15くらいには着いてないと完全にアウト。
標準コースタイムは12時間20分だから、0.7くらいのスピードか。マイルストーンを9:30に唐松岳頂上山荘、11:30に五竜山荘を設定し、もし間に合わなかったら五竜岳は諦めるプランで行くことにした。

ムーンライト信州の終点 白馬駅
駅から見てロータリー左側には北アルプス総合案内所があり、ムーンライト信州に合わせてなのか早朝にもかかわらず開いていた。予めゴンドラのチケットを購入しておこうと思ったが、片道のチケットは販売していないとのこと、残念
白馬駅

白馬駅から乗った路線バスで5分ほどで白馬八方BTに到着
バスターミナルからドアトゥドアでゴンドラ駅に行けると勘違いしていたが、実際は10分ほど歩く必要がある

八方駅ではザックの重さを計測(15kg未満ならば追加料金なし)して片道チケットを購入
今日のゴンドラ運行開始は6時半。待機列でしばらく待つ

流れはスムースで、運行開始から5分ほどで乗車できた
八方ゴンドラリフト アダム八方ゴンドラリフト アダム

八方ゴンドラリフト アダムの乗車時間は8分
八方ゴンドラリフト アダム

続いてアルペンクワッドリフトで兎平から黒菱平へ
乗車時間は7分

リフト直下には足が触れるような高さの草花が咲いていた
アルペンクワッドリフトアルペンクワッドリフト

黒菱平。目の前にそびえる白馬三山(白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳)が北アルプスに来たという気分を高めてくれる
白馬三山

最後に乗車時間5分のグラートクワッドリフトで八方池山荘へ
トイレに寄ってから、登山開始!
八方池山荘

整備されたハイキングコースで、草花の案内板もあるのでゆっくりと散策している人も多い
が、自分はコースタイム的に日帰りできるかの瀬戸際だったので、急ぎ気味でテクテクと
八方尾根探勝路

オオバギボウシ、ニッコウキスゲ、タカネウツボグサ
オオバギボウシニッコウキスゲタカネウツボグサ

第2ケルン。八方尾根にはケルンがいくつもある
第2ケルン

クモマミミナグサ
クモマミミナグサ

八方池
ほとりの探索路へは下りずに、上から眺めるだけ

なるほど、八方池は真上から眺めると、反射して景色を写すことをしてくれないようだ
八方池八方池

ハクサンシャジン
ハクサンシャジン

登りやすい夏道が横にあるのにもかかわらず、わざわざ雪渓を登ってる方たち
北アルプスに登ってるのにこんな暑いんだから、気持ちはわかる
雪渓

丸山ケルン
丸山ケルン

大きくて立派な唐松岳頂上山荘
デポして行くような距離じゃないので、そのまま唐松岳へゴー
唐松岳頂上山荘

唐松岳山頂
唐松岳山頂

手前の五竜岳の奥に前穂高岳、奥穂高岳、槍ヶ岳がちっさく見える
右側に立山
唐松岳山頂唐松岳からの眺め唐松岳からの眺め

唐松岳から見る唐松岳頂上山荘
唐松岳頂上山荘

唐松岳頂上山荘に戻ってきて、今度は五竜岳を目指す

今までのお気楽な登山道からはガラリと変わって、難所の牛首の鎖場
でも、高度感はないし大したことない。渋滞するので譲り合って慎重に
牛首の鎖場

タカネウツボグサ、ヨツバシオガマ
タカネウツボグサヨツバシオガマ

ずっと唐松岳からの下り基調だったのが五竜岳へ向けての登りへ転換
五竜岳の山容がはっきりと見える

ミヤマダイコンソウ
ミヤマダイコンソウ

五竜山荘に到着
五竜山荘

しばらくするとヘリコプターが飛んできて

物資を降ろしていく
この間は地上のスタッフが登山者を静止していた

そしてヘリコプターは麓の方へ
何度も繰り返してたようで、五竜岳から戻ったときにもヘリコプターが飛んでいた
ヘリコプターの荷降ろしヘリコプターの荷降ろしヘリコプターの荷降ろし

五竜岳の岩場にはマークがしっかりとあるので、それに従っていけば難なく登っていける
少ないながら手を使う場面もあるので、グローブあるといいかもしれない(この時期は暑そうだが)
五竜岳の岩場

え、もう頂上って思って登るも、本当の頂上はもう少し奥にある
五竜岳頂上手前

五竜岳頂上
ちょうど、お腹が空いていたのでここでお昼ごはん
五竜岳頂上

五竜山荘を見下ろす
五竜山荘

唐松岳方面
唐松岳方面

鹿島槍ヶ岳
槍ヶ岳とかは雲に隠れてもう見えない
鹿島槍ヶ岳

360度ビューの五竜岳からのパノラマ
五竜岳からのパノラマ五竜岳からのパノラマ

鹿島槍ヶ岳へ向かう分岐から八峰キレット
八峰キレット

五竜山荘に戻って、遠見尾根との分岐
ここから遠見尾根を下っていく

序盤に鎖場がいくつかあったが使わなくても問題ない
遠見尾根との分岐鎖場

雪渓とヘリコプター
雪渓とヘリコプター

イワカガミ
淡くて和菓子のよう
イワカガミ

中遠見山への登り返しが割ときつくて足にくる
中遠見山への登り返し

外界が見えた。あと少し

地蔵の頭あたりから白馬五竜高山植物園までは観光客が次第に増えてきて賑わっていく
アルプス展望リフト白馬五竜高山植物園白馬五竜高山植物園

白馬五竜高山植物園では、コマクサがいたるところに咲いている
コマクサ

白いコマクサ
白いコマクサ白馬五竜高山植物園

ウスユキソウではなく本物のエーデルワイス。これが本物か
エーデルワイス

メコノプシス・グランディス(ヒマラヤの青いケシ)
メコノプシス・グランディス

アルプス平駅

テレキャビンは乗車時間8分で山麓のとおみ駅へ
ゴンドラ乗車時に渡される冷たいオシボリがとても有り難い、いいサービスだ
アルプス平駅アルプス平駅テレキャビン

エスカルプラザから神城駅までは無料のシャトルバスが出ているので、それを利用して神城駅に
テレキャビンエスカルプラザ

神城駅から松本駅に向かう。東京への4時間半の鈍行列車に備えて、松本駅前で食事
神城駅

ムーンライト信州に乗るのは2回目。前回は冬で車内がガラガラで空いていた印象があったが、今回は9割くらいの乗車率で松本を過ぎても7割くらいの盛況ぶり。
下車して白馬駅で涼しさを体感するも、それは早朝の話で、2000m以上の山に登っているのに直射日光がジリジリと照らしてかなり暑い。午後からは雲が上ってきて、遠くの景色が見られなくなる代わりに日光をマイルドにしてくれたので、日射病で倒れる心配はなかった。

それほど急登もなく難所も少ないコースでおすすめできるが、やはり日帰りだと、焦る気持ちで見どころを堪能できないので、1泊するのが無難でしょうね。八方池のほとりまで下りて、池に反射する白馬三山を見たかったな。

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 大菩薩嶺

ヤマノススメ原作



【九十一合目】大菩薩嶺(2,057m)

  • メンバー:ひなた、ひなた父、ひなた母
  • アクセス:〈車〉上日川峠
  • コース:上日川峠~福ちゃん荘~大菩薩峠(1,897m)~雷岩~大菩薩嶺(2,057m)~雷岩~福ちゃん荘~上日川峠
  • 備考:往路の福ちゃん荘で山菜(きのこ?)うどん(そば?)を食べる
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年12月23日[日帰り]
コース:大菩薩峠登山口→裂石登山口駐車場→丸川峠分岐駐車場→丸川峠→大菩薩嶺→雷岩→福ちゃん荘→上日川峠→千石茶屋→丸川峠分岐駐車場→裂石登山口駐車場→雲峰寺駐車場

塩山駅から登山客5人を載せ、終点 大菩薩峠登山口バス停へ
大菩薩峠登山口バス停大菩薩峠登山口バス停

マイナス2度。路面も所々で凍結していた
路面は凍結沢

丸川峠までは尾根筋をひたすら登っていく
丸川峠までの尾根すぐそばにキツツキがいた

開けた場所に出て、丸川峠にたどり着く
丸川峠

登ってきた方向を見ると富士山が覗いてた
丸川峠からの富士山

雪が残るがアイゼンは必要ない
時折、大きく成長して宝石のような霜柱が姿を見せる
少し雪が残る

大菩薩嶺に到着
木々に遮られ眺望はきかないようです
大菩薩嶺大菩薩嶺

大菩薩峠方面と唐松尾根の分岐点ともなる雷岩
全く人に出会わなかった丸川峠とは違って、一気に賑やかに
雷岩

富士山の裾野と南アルプスが重なり美しいスカイライン
手前の湖は大菩薩湖で、右側の街並みは甲州市かな
雷岩からの富士山

雷岩からのパノラマ
雷岩からのパノラマ

雷岩からの景色雷岩からの景色雷岩雷岩からの富士山

帰りにバスの時間を気にして大菩薩峠には行かず、唐松尾根を下ることにした
唐松尾根

福ちゃん荘。公衆トイレあり
福ちゃん荘

福ちゃん荘からロッヂ長兵衛へは舗装路で下った。並走する登山道もあるっぽい
ロッヂ長兵衛

上日川峠から裂石までは足が埋もれるほどの落ち葉がある所もあった
落ち葉で足が埋まる

一部崩落している箇所があり一旦舗装道路を通過する
崩落箇所

大菩薩嶺と聞くとハイキング気分で行くような山だと思っていたが、丸川峠経由の登りは割りとハードでした。
残雪があったが、持ってきていたアイゼンの出番はない程度。上日川峠と裂石を結ぶ道は、足首まで埋もれるほどの落ち葉が積もっているので踏み外しやスリップに注意が必要。

帰りのバスで12時直前のバスを逃すと次の便まで3時間ほど待ちぼうけ食らうと思って唐松尾根経由で下山を急いだが間に合わず。
結局、他路線の便があって1時間ほど待つだけで済んだけど、大菩薩峠に寄っていけばよかったかもしれない。

この後、帰りの電車で大月駅を通るので、ついでに岩殿山にも登りました。

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る