‘登山’ タグのついている投稿

ヤマノススメ聖地巡礼 – 雲取山

ヤマノススメ原作

【八十五・八十六合目】《縦走、テント泊》三峯神社~雲取山~鴨沢バス停

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな
  • アクセス:西武秩父駅-三峯神社バス停/鴨沢バス停-奥多摩駅
  • コース:三峯神社バス停→霧藻ヶ峰(1,523m)→白岩山(1,921m)→雲取山荘(テント泊)→雲取山(2,017m)→奥多摩小屋→七ッ石山(1,757m)→鴨沢バス停
  • 備考:雨の中でのテント泊縦走登山。七ッ石山はピークには登らず巻道を通ったかもしれません
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年5月20日~21日[一泊二日]
コース
【1日目】三峯神社バス停→木の鳥居→三峯神社奥宮(妙法ヶ岳)→霧藻ヶ峰→お清平→前白岩山の肩→前白岩山→白岩小屋→白岩山→大ダワ→雲取山荘
【2日目】雲取山荘→雲取山→雲取山避難小屋→小雲取山→ヨモギノ頭→ブナ坂→七ツ石山→斧手石→七ッ石小屋上分岐→七ツ石小屋→七ッ石小屋下分岐→堂所→小袖緑道あがり→丹波山村村営駐車場→鴨沢バス停

ヤマノススメの三峯神社から鴨沢への縦走と同じルートに、九十九合目に登場した妙法ヶ岳を加えたコース
雲取山だけならば、自分でも日帰り縦走ができそうだったが、妙法ヶ岳を加えるとギリギリ間に合わなさそうだったので、山小屋泊を入れて一泊二日とした
今回のコースタイムで考えると、本当にギリギリで鴨沢バス停からの最終バスに間に合ってたようだが、何かひとつでもハプニングが起きたら奥多摩で途方に暮れてた可能性もあったので、これはこれでいい判断をしたと思ってる

冬季を除く土日祝日に運行している8:30発の始発のバスだが、増発された2台のバスでも積み残しの登山客がいるほど
三峯神社までは75分と長時間となるためバス車内では座席に座りたいところ。バスの時間と接続がよい8:15着の特急ちちぶ3号からバスへ向う人が多いと思うので、西武秩父駅で少しでも改札に近い2号車3号車あたりの指定席を取って改札にダッシュするのが良いかもしれない(西武の特急券はサイトから購入し、チケットレスで乗車できる)

西武秩父駅から三峯神社の駐車場まで10分ほどの遅れで到着
駐車場から三峯神社への道には赤色やピンク色のツツジが咲き盛っていた
西武秩父駅発の三峯神社行きバス三峯神社のツツジ三峯神社のツツジ

登山する前に、三峯神社に寄ってお参り
鳥居の前にいる三峯神社の守護神は、両神山の両神神社と同じくニホンオオカミ

参道を歩くと家族連れからご老人まで結構な人出で賑わってる、パワースポット巡りだろうか若い女性も多い。自分と同じようにザックを背負って、登山の安全を祈願する方もちらほらと
三峯神社の鳥居三峯神社 随身門三峯神社 随身門守護神はニホンオオカミ本殿ご神木

三峯神社に来た道を戻って、木々に囲まれた雲取山登山口から登山スタート
雲取山登山口

登山道から少し進んだ白い鳥居から本格的な登山が始まる
こちらに登山届ポストがあり、クマやハチに注意を呼びかける看板も

三峯神社から鴨沢への縦走なので、左から4番目の「雲取から奥多摩、山梨方面へ登山」カウンターを押した
いつも思うけど、いつからのカウントなんだろ?
白い鳥居登山届ポスト登山者数カウンター

丁寧な蜂の巣注意看板
ここではハチを見かけてないが、霧藻ヶ峰近辺の登山道ではハチをよく見かけた。でも、スズメバチではなくクマバチだったので、問題ないと思う
スズメバチ注意

雲取山へ向かう道と妙法ヶ岳(三峯神社奥宮)の分岐にある木の鳥居
こちらを妙法ヶ岳へと進んだが、妙法ヶ岳へのピストンは別の記事で書く予定
木の鳥居

妙法ヶ岳へのピストンから戻り、雲取山への登山道ルートへ向かう道
妙法ヶ岳に行く人は妙法ヶ岳だけ、雲取山に行く人は雲取山のルートという人が大半なので、こちらの道は誰もおらず、踏み跡も少ないようでした
妙法ヶ岳から雲取山登山道へ戻る道

雲取山登山道に合流し、炭焼平という所
炭窯跡でこちらは白炭を作っていた炭窯
木炭の中でも黒炭と白炭の違いがあるなんて知らなかった
炭焼平炭窯跡炭窯跡

地蔵峠は、その名の通りお地蔵様が
地蔵峠の地蔵

何度かアップダウンを繰り返すと、霧藻ヶ峰のレリーフが見えた
霧藻ヶ峰のレリーフ霧藻ヶ峰

霧藻ヶ峰休憩所では休憩している人が多かった。自分も昼食をとる
霧藻ヶ峰休憩所

前白岩山
前白岩山への登山道前白岩山

前白岩山を過ぎたあたりからコケ類、シダ類が目立つ
白岩山が石灰岩質の山なので、植生が変わったようだ

苔むした倒木、苔の中から咲いた花など思わず立ち止まって写真に撮りたくなるモチーフが多い
このあたりは、いろんな植生が見られていいですね
コケ倒木のコケコケから花コケ

白岩小屋手前の西側に開けた展望場所からのパノラマ
白岩小屋手前の眺望白岩小屋手前の西側に開けた展望場所からのパノラマ

白岩山への登りでシカと遭遇
まったく警戒心ないようで、カメラ構えても止まっていてくれた
シカと遭遇こっちにもシカ

白岩山
白岩山

芋ノ木ドッケ(国土地理院地図では芋木ノドッケとなっている)
地味に東京都で2番目に高い山(1946m)だったりする

でも、ピークには行かずに巻道を進んだ
芋ノ木ドッケ芋ノ木ドッケ巻道巻道からの風景

テントが見えてきて、雲取山荘もそろそろかな
鹿が横を素通りするコケとカタバミテント場を通って雲取山荘へ

雲取山荘について、早速チェックイン

今年が雲取山(2017m)の標高年(2017年)ということで記念ピンバッジを頂いた
雲取山荘の廊下には雲取山の山頂に標高年記念碑を建てた時のレポートなどもあって、標高年フィーバーが伺える

雲取山荘の宿泊は1ヶ月前から予約していたが、GW直後には雲取山荘サイトに予約終了の告知が出ていた。新緑が映えて暑くなる前の季節で先週末とは違って快晴と、人が集まる条件が重なって賑やかな人出
雲取山荘朝食券と夕食券雲取山標高年記念ピンバッジ皇太子殿下の雲取山登山

雲取山荘内の廊下と外にある水場
就寝時には廊下にもザックやらコタツやらが置かれる
雲取山荘の廊下雲取山荘の水場

夕食は人数が多いため3回転
ハンバーグ、ポテトサラダ、冷奴、山菜の和え物と味噌汁。ご飯はおかわり自由
雲取山荘の夕食

割り振られた部屋は大部屋で、就寝時には敷布団を半分に折りたたんだスペースが一人分
富士山の山小屋も経験あるので、スペース的には問題ないと思ったが、消灯し寝てみると人の熱気で部屋がいつまでも暑いってのが敗因。まったく寝られなかった・・・
小屋内の部屋就寝時の様子

朝食は4時半から開始で並んだ順。3時半ごろから食堂の開店を待ちわびる行列ができており、正気じゃないなって思った
特に出発を急いでるわけでもなかったので、部屋でゴロゴロして5時頃に食堂に
塩鮭、生卵、味のり、漬物と味噌汁。ご飯はおかわり・ふりかけ自由
雲取山荘の朝食

準備して、2日目の登山スタート
雲取山荘雲取山山頂への登り道

雲取山層からは20分くらい登って山頂へ
雲取山山頂直前の登り

雲取山登頂完了
よって三峰山(雲取山、白岩山、妙法ヶ岳)がコンプになって、それにより秩父三山(三峰山、両神山、武甲山)もコンプ
雲取山山頂雲取山山頂 三角点

これが標高年の記念碑
次に標高年となる日本百名山は美ヶ原で17年後の2034年だそうだ
雲取山山頂 標高年記念碑雲取山山頂の様子

頂上からは富士山が薄っすら見える
雲取山からの眺め

雲取山からのパノラマ
雲取山からのパノラマ

少し下った所にある雲取山避難小屋の方へ
こちら側に山梨県の碑があった
雲取山避難小屋雲取山 山梨県の碑

鴨沢方向へと下山
振り返って見た雲取山
雲取山から下山振り返って見た雲取山花

稜線沿いにあるテント場を通る
ヘリポートのすぐ近くにテントが張ってあるけど、ヘリコプターが着陸したら大惨事になりそうだと心配になった
奥多摩小屋のテント場奥多摩小屋のテント場ヘリポート

巻道との分岐から七ッ石山へ登っていく
今回の山行で急登というものがなかったけど、ここが唯一かな(短いけど)
七ッ石山への急登

七ッ石山
七ッ石山山頂七ッ石山からの眺め

七ッ石山から鴨沢へ向かう場合にはいくつもの分岐があって、進んでいた方向とは逆方向に切り返すような分岐もあるので、地図を見て把握しておいたほうがいい
七ッ石小屋上分岐花

七ッ石小屋
七ッ石小屋花

七ッ石山からはずっと下りだったが、徐々に緩やかになっていき、堂所を過ぎると森林の中の道をハイキング気分の水平道
堂所付近苔むした木

廃屋など人工物も次第に増えていき、そろそろ登山道も終わりの雰囲気
廃屋

一旦車道に出て車道を歩き、駐車場の脇に「鴨沢への近道」があるので、そちらを進む
駐車場には公衆トイレもある
一旦車道に鴨沢への近道

鴨沢バス停へ到着
青梅街道に下りる手前の道路で行き過ぎて、鴨沢より先のバス停に行ってしまったのは内緒だ鴨沢バス停

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 鍋割山

ヤマノススメ原作

【七十七合目】鍋割山

  • メンバー:あおい、ひなた
  • アクセス:渋沢駅-大倉バス停
  • コース:大倉バス停→(西山林道)→二俣→ミズヒ沢渡渉点→後沢乗越→鍋割山(1,272m)→鍋割山荘
  • 備考:ミズヒ沢渡渉点でひなたが2L、あおいが4Lの水入りペットボトルを持って鍋割山荘まで運ぶ。山頂では鍋焼きうどんを食べる
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年5月14日[日帰り]
コース:(大倉バス停→丹沢山)→塔ノ岳→金冷シ→小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)→小丸→鍋割山稜→鍋割山荘→鍋割山→後沢乗越→ミズヒ沢渡渉点→本沢渡渉点→二俣→黒竜の滝→大倉バス停

大倉から塔ノ岳、丹沢山への登り の続きです

丹沢山から塔ノ岳の稜線を引き返す。稜線から西側の眺め
丹沢主脈の稜線丹沢主脈の稜線

往路にはガスの中にあった塔ノ岳の山頂だが、雲が上昇していて近くの山容がわかるくらいになっていた
塔ノ岳

塔ノ岳から西側のパノラマ
塔ノ岳から西側のパノラマ

金冷シの分岐を大倉尾根から外れて鍋割山方面へ
人が少ないルートかと思いきや、鍋割山から塔ノ岳へと登ってくる人は結構多いようだ
金冷し

歩きやすく草花が色づく鍋割山への尾根道を進むと、あっという間に鍋割山
スミレかな鍋割山山頂

鍋焼きうどんが名物の鍋割山荘。いたるところで鍋焼きうどんを食べている登山者を見かける
芝生で寝っ転がることもできて、のんびりできそう
鍋割山荘

鍋割山からの下り
山頂直下は激しい下りだが、その後はスピードをコントロールできるくらいの斜度でテンポよく下っていける
鍋割山からの下り

後沢乗越。こちらの分岐で鍋割山の尾根から沢方面へ下っていく
後沢乗越

何度も渡渉したり、木道があったりと変化に富んで面白い
渡渉

登山道が終わり林道が始まる所(ミズヒ沢渡渉点)に鍋割山荘で使う水道水のペットボトル置き場がある
鍋割山荘のペットボトル

二俣には橋が架けられているが、水量が少ないので普通に渡れそうではあった
この後は面白みがない林道を3キロほど歩く。林道を一緒に下っていた方と大倉バス停までずっと話し相手になってもらっていたので退屈はしなかった
二俣の橋

予想してたよりも早く下山
丹沢・大山フリーパスを持っており、せっかくなので伊勢原駅から大山ケーブルに訪れてみたが、午後4時のこま参道は閉めてる所もあって少し寂しい感じでした
大山 こま参道

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 塔ノ岳~丹沢山

ヤマノススメ原作

【百二~百四合目】《山小屋泊》塔ノ岳~丹沢山

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな、ほのか
  • アクセス:渋沢駅-大倉バス停
  • コース:大倉バス停→(大倉尾根)→堀山の家→塔ノ岳(1,491m)→丹沢山(1,567m)→みやま山荘
  • 備考:丹沢山山頂のみやま山荘で山小屋泊、次の日に来た道を下山
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年5月14日[日帰り]
コース:大倉バス停→大倉山の家→観音茶屋→雑事場ノ平→見晴茶屋→駒止茶屋→堀山→堀山の家→天神尾根分岐→花立山荘→花立→金冷シ→塔ノ岳→尊仏山荘→日高→竜ヶ馬場→みやま山荘→丹沢山→みやま山荘→丹沢山→竜ヶ馬場→日高→尊仏山荘→塔ノ岳→金冷シ→小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)→小丸→鍋割山稜→鍋割山荘→鍋割山→後沢乗越→ミズヒ沢渡渉点→本沢渡渉点→二俣→黒竜の滝→大倉バス停

ヤマノススメ原作最新話の丹沢山と七十七合目で登場した鍋割山を合わせてコースを計画
これから暑くなるしヤマビルが活発になってくると行きづらくなると思い訪れてみた

06:48 に渋沢駅北口から出発するバスは週末の始発ということもあり、乗車時点で既に満員
小田急からの乗り換えがギリギリだったので座れないが、終点大倉バス停まで15分とすぐに着くので問題ない
満席の神奈中バス

雨上がりということもありヤマビルが心配である。効果あるらしい(?)エアーサロンパスを登山靴に振りかけて登山の準備完了
ちなみに、ヤマビル避けスプレーは大倉バス停前にある売店「どんぐりハウス」でも販売されているようだった
大倉バス停大倉の売店 どんぐりハウス

しばらく車道をあるいて大倉尾根の登山口へ
その脇には丹沢クリステルさんが佇んでいる
大倉登山口丹沢クリステル

見晴茶屋という名前を見て、ふと振り向くと秦野市街が広がっていた。意外と登ってたんだな
大倉登山道見晴茶屋からの展望

大倉尾根はひたすら登りのバカ尾根なんですが、体の限界を超えないギリギリの斜度なので、ペースがつかめれば登りやすいと感じた。高度を稼ぐには最効率な尾根
近くにある自転車ヒルクライムのメッカ、ヤビツ峠と似ているとふと思う
大倉尾根(バカ尾根)

ひたすら登りのバカ尾根ではあるが、時々フラットの気持ちがいい尾根道が登場し、つかの間のご褒美に感じてしまう
バカ尾根にも平坦な所はある

尾根がやせ細った崩落箇所もあるが、適宜補強なり木道なりが整備されていて、普通に歩いてれば危険な場所はないはず
ただ、木道や階段の間隔がバラバラなところがあり、気をつけていないと足を取られてしまうので、それだけは注意が必要
尾根の崩壊箇所

「おっ、晴れてきてる」と塔ノ岳の展望に期待するも虚しく、山頂はガスの中
晴れてきて秦野市街がよく見えるガスの中の塔ノ岳山頂

東西に開けてるので、天気がよければ展望がよい場所なはずなんだけどなぁ。こればかりは、しょうがないね
塔ノ岳山頂塔ノ岳山頂塔ノ岳山頂

塔ノ岳から先に進むと極端に登山者がいなくなるが、山の様子も合わせたように変わって静かになってるようだった
木道が整備されていたり、西側が開けているところもあったりと快適な気持ち良い稜線歩き
丹沢山への稜線雨露の桜丹沢主脈

丹沢山へついたー
山頂広場の奥にあるテーブルで昼飯をいただく
原作の4人が泊まったみやま山荘。まだ登山雑誌を読んでるかな?
丹沢山山頂みやま山荘

丹沢山は周りが開けた塔ノ岳と違って、木々に囲まれひっそりとして静かだった
ここまで来る登山者も少なく、トレランスタイルの人が通過していくくらい
霧に囲まれて静かな丹沢山

この先の蛭ヶ岳には進まず、塔ノ岳へ戻ることに。蛭ヶ岳はまたの機会にとっておきましょう

このあと、塔ノ岳、鍋割山を経由して下山した

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 丹沢大山

ヤマノススメ原作

【百一合目】丹沢大山

  • メンバー:ひなた、ここな
  • アクセス:伊勢原駅-大山ケーブルバス停
  • コース:大山ケーブルバス停→大山ケーブルカー 大山ケーブル駅-阿夫利神社駅→阿夫利神社下社→20丁目富士見台→25丁目ヤビツ分岐→大山(1,252m)〈阿夫利神社本社〉
  • 備考:登山当日、あおいは風邪でお休み
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年4月22日[日帰り]
コース:秦野駅→名古木交差点→ヤビツ峠→25丁目ヤビツ分岐→大山→25丁目ヤビツ分岐→ヤビツ峠→宮ヶ瀬ダム→桂橋→大垂水峠→高尾山口駅

ヤビツ峠へのヒルクライムから大山に登山し、その後裏ヤビツをダウンヒルして高尾山口駅までサイクリングという、登山もサイクリングも楽しめる欲張りプラン

秦野駅で自転車を組み立て、ヤビツ峠ヒルクライムのスタート計測地点とされる名古木の交差点へ
朝の早い時間にもかかわらず、交差点にあるセブンイレブンには見るからに早そうなロードバイク乗りが集まっており、ゴツゴツの登山靴にザックを背負った姿でクロスバイクに乗った自分は確実に浮いてる存在だった
秦野駅名古木交差点

バスの折り返し地点?になっている蓑毛バス停
トイレや自動販売機もあり、ここからヤビツ峠への登山口もあるようだ
ここまで続く坂がキツくて、自分も一旦休憩
キツイ斜度蓑毛バス停

蓑毛バス停からは木々に囲まれた曲がりくねった道を登っていくが、いくぶん斜度はマイルドになり、時折見下ろせる秦野市街の姿もあって気持ちよく進める

ハァハァ息を切らせながらヤビツ峠に到着
タイムは1時間10分とかなりゆっくりだが自分の足でここまでこれたことに満足。早い人は30分切るそうで、恐ろしい・・・
秦野市街を眺めるヤビツ峠

ヤビツ峠にはトイレの他に売店もあるが、朝の時間帯には開いてないようだ(下山時のお昼には開いていました)
自販機のペットボトルは200円と多少のプレミアム価格
ヤビツ峠の自販機と売店

ヒルクライムで疲れきった体をリフレッシュし、登山モードに頭を切り替えてヤビツ峠の登山口へ
ヤビツ峠登山口

登山口からすぐのところで、キレイに桜が咲いていた

登山道はよく整備されていているし、途中にベンチが用意されている所もある
家族連れや、子どもたちを引き連れた集団登山も多いようだ
山桜大山の登山道

唯一の鎖がある場所だが、鎖に頼らなくても足だけで登っていける
ただ、このあたりは転がりやすい小さな石がゴロゴロしてるので、周りの人に注意したい
大山の鎖場登山道

笹道の中で土がえぐられたような登山道には木道の階段や通路があり歩きやすい
まだ設置されたばかりなのか、木道からのいい香りで癒される
新しい木道

山頂と下社の分岐
ここからはメインルートである下社から来た登山客が加わり、一緒になって頂上を目指す
ヤビツ峠と阿夫利神社下社との分岐

鳥居が見えて、頂上まであと少し
大山の鳥居

山頂には入り口に売店があって、奥まで進むと大山山頂奥の院
阿夫利神社本社

山頂についたが、ガスに阻まれ景観はすぐれず
しかし、広い山頂の広場には、大勢の人たちが賑わっていて愛されてる山ってのが伝わってくる
大山山頂大山山頂からの眺め

大山頂上からのパノラマ
大山山頂からのパノラマ

下山途中にはヤビツ峠まで登ってきたときに通った曲がりくねった道路も見えた
ヤビツ峠の道を上から眺める

ヤビツ峠に下山後は、裏ヤビツの方へダウンヒルし、宮ヶ瀬湖を目指す
渓流沿いで、キャンプや釣りをしている人を横目に見ながら下っていくのは気持ちいい

道幅が狭くて離合やUターンもできないので、通る車はほとんどいない
山林の新緑に混じる鮮やかに色づいた花木も美しく、失礼ながら神奈川でこんないい景色が見られる道があるとは思いもしなかった
裏ヤビツ裏ヤビツ

宮ヶ瀬ダムまで一気に下ってきた
自転車を引いて歩けば堰堤上の遊歩道を通り北側に抜けられるので、自動車道だけのルートよりもかなりのショートカット
宮ヶ瀬ダム水とエネルギー館ダムカード宮ヶ瀬ダム堰堤

宮ヶ瀬ダムの堰堤上からダムの下を望む
インクラインやエレベーターで下に降りられ、水曜日や第2日曜日には観光放流も見られるようだ
宮ヶ瀬ダムから見下ろす

相模川に架かる桂橋から
橋の真ん中でも欄干に寄れて、よりダイナミックな写真が撮れるのは自転車ならではのメリット
桂橋

途中、雨に降られてびしょびしょになりながらも、大垂水峠を越えて高尾山口駅まで走りきった
ヒルクライムから登山と、流石に疲れたけど、充実して新たな発見も多いサイクリングでした
大垂水峠高尾山口駅

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 荒幡の富士

ヤマノススメ原作

【九十八合目】荒幡の富士

  • メンバー:あおい、ひかり
  • アクセス:下山口駅
  • コース:下山口駅→荒幡の富士(107m)
  • 備考
地図

ヤマノススメ聖地巡礼マップ

巡礼記録

日程:2017年5月4日[日帰り]
コース:自宅→ドムドムハンバーガー小平店→荒幡富士

杉並区の自宅から自転車で多摩湖自転車道を通って、今や都内で3店舗しかないドムドムバーガーの小平店を巡るついでに所沢の西武園近くにある荒幡富士へ行ってみた

荒幡富士の近くには狭山丘陵いきものふれあいの里センターやハイキングコースもあって、そこそこ賑わってた(連休中ってのもあるかも)
浅間神社の鳥居

荒幡富士とセットで浅間神社もあり、ちゃんと富士山してる
荒幡富士 全景浅間神社と荒幡富士

山頂までの登山道は整備されていて、鎖場やハシゴなど危険な箇所もなく、登頂まで1分もかからない
荒幡富士の登山道荒幡富士山頂

富士山は見えなかったが、西武ドーム改めメットライフドームや所沢市街地を望むには十分な高さ
荒幡富士山頂からの眺め荒幡富士から所沢市街

荒幡富士頂上からのパノラマ
荒幡富士山頂からのパノラマ

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る