日本百名山全山踏破 27座目 蓼科山

蓼科山山頂日本百名山
スポンサーリンク

予め指定席を取っておいたムーンライト信州を利用して、金曜日から北アルプスの唐松岳に登ろうかと思っていたが、どうも天気が悪くなりそうで、なくなくキャンセル。

しかし、いざ週末をむかえると天気は回復傾向。青春18きっぷも最後の1枚が余ってるし、日曜日の1日で日帰りできる日本百名山は無いかと探して見つけたのは、百名山が3座固まっている八ヶ岳エリア。

日帰りで日本百名座の3座へ登る

八ヶ岳の北側に位置する蓼科山と、その西側にある霧ヶ峰高原と、その北側の美ヶ原高原。それぞれ距離が近いのと、山行時間が短めで難易度が低いことから、詰め込めば1日に3座を登ることができそうだ。

ただ、アクセス手段が青春18きっぷとレンタカーということで、タイムリミットはレンタカーを借りる朝8時から夜20時までの12時間。そこに、それぞれの山行時間(蓼科山3時間、霧ヶ峰3時間、美ヶ原2時間)と移動時間を詰め込むと、スケジュール上ではギリ行けそうな感じ。

当日4時31分という早朝の始発で、荻窪駅からレンタカー店のある岡谷駅へ向かった。

例によって、蓼科山はヤマノススメの聖地巡礼を兼ねている。

山行記録

  • 日程:2017年09月03日(日) [日帰り]
  • 天候:晴れ

アクセス

レンタカー店のある岡谷から車で白樺高原まで。

ヤマノススメ原作であおいたちは、白樺高原国際スキー場のゴンドラリフトを使って七合目登山口まで上がっていたが、車ならば、夢の平林道を通ってゴンドラリフト終点よりも上にある七合目登山口駐車場まで行ける。

下の写真は、下山後に白樺高原国際スキー場のゴンドラリフト乗り場を撮影。

白樺高原
白樺高原
蓼科牧場ゴンドラリフト
蓼科牧場ゴンドラリフト
ゴンドラリフト乗り場
ゴンドラリフト乗り場

地図・標高グラフ

⏱タイム🏃距離↗登り↘下り
02:125.1km629m618m

コースタイム

蓼科山7合目登山口→馬返し→将軍平→蓼科山頂ヒュッテ→蓼科山→蓼科神社奥宮→蓼科山→蓼科山頂ヒュッテ→蓼科山荘→馬返し→蓼科山7合目登山口

山行タイムライン
  • 09:42
    蓼科山7合目登山口
    七合目登山口駐車場
    七合目登山口駐車場

    七合目登山口駐車場
    ほぼ満車だったが、スペースを見つけて駐車。下山時には路肩に停めている車もあった

    七合目登山口
    七合目登山口

    七合目登山口は蓼科神社の鳥居をくぐって登山道へ
    近くにはトイレもある

    蓼科神社の鳥居
    蓼科神社の鳥居
  • 09:49
    馬返し
    蓼科山登山道
    蓼科山登山道

    登山道はずっと登り一辺倒のコースだが、無理な段差などもなく一定のペースで歩きやすい道

    天狗の露地
    天狗の露地
  • 10:23
    将軍平
    蓼科山荘
    蓼科山荘

    将軍平の蓼科山荘
    登山道途中で休憩に適したスペースもなかったからか、こちらで休んでる人が多かった

    ハクサンフウロ
    ハクサンフウロ
    アキノキリンソウ
    アキノキリンソウ
    岩場で混雑
    岩場で混雑

    将軍平から上に進むと、傾斜が急となっていき岩場が現れる
    詰まって、ちょっとした渋滞に

    鎖場
    鎖場

    クサリはあるが、岩場の取っ掛かりが多いので登り降り共に使う必要はなさそう

    道標の矢印
    道標の矢印

    登っていくに連れガスが立ち込めて、嫌な予感が
    ガスの中でも映えそうな黄色ペイントの矢印に導かれ山頂へ

  • 10:44
    蓼科山頂ヒュッテ
    蓼科山頂ヒュッテ
    蓼科山頂ヒュッテ

    山頂手前にある蓼科山頂ヒュッテ

    蓼科山頂ヒュッテ
    蓼科山頂ヒュッテ
  • 10:50
    蓼科山
    山頂はガスで真っ白
    山頂はガスで真っ白

    蓼科山の山頂付近に到着
    しかし、見事にガスガスで微かに山頂が見える程度

    蓼科山山頂
    蓼科山山頂

    蓼科山の山頂、一等三角点
    一面が岩塊に埋め尽くされているので、それほどピーク感はない
    景色がよかったらなぁ・・・何もここまで原作を再現しなくてもいいのに

    蓼科山山頂
    蓼科山山頂
  • 10:51
    蓼科神社奥宮
    蓼科神社奥宮
    蓼科神社奥宮

    岩の上をピョンピョン飛んで蓼科神社奥宮まで
    ガスが濃くなると方向感覚わからなくなりそうだ

    蓼科神社奥宮
    蓼科神社奥宮
    蓼科山からのパノラマ
    蓼科山からのパノラマ
  • 10:58
    蓼科山

  • 11:12
    蓼科山頂ヒュッテ

  • 11:25
    将軍平
    下山時の女神湖は見えず
    下山時の女神湖は見えず

    下山時に見えるだろう女神湖の景色も雲に阻まれ、今回の山行は終始景色に恵まれない結果に

  • 11:49
    馬返し
  • 11:55
    蓼科山7合目登山口

当時の感想

先週、天気予報からの判断で北アルプス行く予定をキャンセル。一転、直前の天気予報が晴れとなって歯がゆい思いをしたので、日帰りで行けそうな山行として蓼科山・霧ヶ峰・美ヶ原の百名山をハシゴで登ることに決めた

ヤマノススメ原作最新話に登場した蓼科山。原作では山頂ではガスっていたが、何もそこまでなぞる必要ないのに見事にガス模様で何も見えず

今回は単純なピストンだったが、他にも様々なコースがあるようなので、リベンジの際には違うコースへ行くことを誓って、次の霧ヶ峰へと車移動

費用

遠征中にかかった費用は、遠征最初の百名山にまとめて書くことにします。

交通費:電車 ムーンライト信州指定席のキャンセル料金 330円、青春18きっぷ 1回分 2370円、レンタカー 12時間 2525円、ガソリン代 852円 / 計 6077円
食費(概算):昼・夕 1日分 1500円、行動食1日 300円 / 計 1800円

合計:7877円

今に省みる

日帰りで3座登れる日本百名山は、ここくらいじゃないだろうか(超人を除く)。

それぞれ魅力あふれる3座だけど、移動に使うビーナスラインは絶景が広がるドライブルート。
麓には諏訪湖など、観光地も沢山あるエリアなので、こんな急かした登山は決してオススメしません。


タイトルとURLをコピーしました