「日本百名山」タグアーカイブ

ヤマノススメ聖地巡礼 – 那須連峰 茶臼岳

ヤマノススメ 原作

【百八十九~百九十一合目】那須連峰 茶臼岳~朝日岳

  • メンバー:ひなた、ひなた父、ひなた母
  • アクセス:〈ひなた父の車〉那須ロープウェイ山麓駅-〈那須ロープウェイ〉-山頂駅
  • コース:山頂駅→茶臼岳(1,915m)→峰の茶屋跡避難小屋→朝日岳(1,896m)→《下山》
  • 備考:峰の茶屋跡避難小屋からひなたはソロで朝日岳に登頂

あらすじ

【百八十九合目 家族旅行】ソファーでくだを巻きながら「ラクに絶景拝める山に連れてって」と言うひなたの母親。それを見かねたひなたの父親は、明日にラクして登れる山へ行くことを決める。ひなたはあおいに電話をするがバイトがあるとのことで、久しぶりに家族だけの旅行となった。
翌朝は栃木県の那須連峰に車で向かい、茶臼岳の登山口である那須ロープウェイ山麓駅に到着。登りはロープウェイで山頂を目指す。

【百九十合目 なんか異世界っぽい】山頂駅に到着すると溶岩ドームの岩が広がり異世界のよう、山頂はすぐ見える距離にあった。ほどなく山頂に着いたひなたは「達成感皆無……」と言葉を漏らし、あっけない登山で母が楽しめるか心配になるものの、本人は絶景を満喫して満足していた。

【百九十一合目 たまにはこういうのも】下山はロープウェイを使わずに峰の茶屋跡避難小屋を経由して下りるルート。峠で吹く強風に翻弄されるも、ひなただけで近くのピーク朝日岳に行って戻ってくることにした。初めてのソロ登山、寂しさを感じながらも今までになかった自由を楽しみながら朝日岳にたどり着いた。

ヤマノススメ単行本21巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 那須連峰 茶臼岳

ヤマノススメ聖地巡礼 – 石鎚山

ヤマノススメ 原作

【百二十八合目~百三十六合目】石鎚山

  • メンバー:楓、小春
  • アクセス:高松空港-〈高速バス〉-高松駅-〈特急しおかぜ〉-多度津駅(予讃線が被災で運休していたため)-〈代行バス〉-観音寺駅-〈鈍行列車〉-伊予西条駅-〈バス〉-石鎚ロープウェイ前→山麓下谷駅-〈石鎚登山ロープウェイ〉-山頂成就駅
  • コース:山頂成就駅→玉屋旅館(玉屋旅館泊)→石鎚神社中宮成就社→八丁→試しの鎖→夜明峠→第一の鎖→第二の鎖→石槌山神社山頂社・弥山→(来た道を途中まで下りて登り直し)第三の鎖→石槌山〈天狗岳〉(1,982m)
  • 備考:伊予西条駅からのバスの時間に間に合わず、西条市観光交流センターへ立ち寄る。【18巻のおまけ】下山後の帰りには丸亀駅で下車し、丸亀うちわの港ミュージアムへ

ヤマノススメ単行本17巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 石鎚山

ヤマノススメ聖地巡礼 – 八方尾根スキー場~唐松岳

ヤマノススメ 原作

【六十七合目】《雪山、山小屋泊》《登頂断念》八方尾根スキー場~八方池山荘~唐松岳

  • メンバー:あおい、楓、ほのか
  • アクセス:高崎駅-〈ほのか兄の車で上信越自動車道経由〉-八方尾根スキー場-八方駅-〈八方ゴンドラリフトアダム〉-兎平(この先2本のリフトで八方池山荘まで行けるが、強風でリフトが運行停止)
  • コース:八方尾根スキー場 兎平→黒菱平→八方池山荘(1,830m)(山小屋泊)→[第2ケルン~八方池~第3ケルン~丸山(2,420m)→唐松岳(2,696m)](八方池山荘から1時間歩いた所で唐松岳への登頂を断念)
  • 備考

ヤマノススメ単行本10巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 八方尾根スキー場~唐松岳

ヤマノススメ聖地巡礼 – 大菩薩嶺

ヤマノススメ 原作

【九十一合目】大菩薩嶺

  • メンバー:ひなた、ひなた父、ひなた母
  • アクセス:〈車〉上日川峠
  • コース:上日川峠→福ちゃん荘→大菩薩峠(1,897m)→雷岩→大菩薩嶺(2,057m)→雷岩→福ちゃん荘→上日川峠
  • 備考:往路の福ちゃん荘で山菜(きのこ?)うどん(そば?)を食べる

ヤマノススメ単行本13巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 大菩薩嶺

ヤマノススメ聖地巡礼 – 宝剣岳~木曽駒ヶ岳

ヤマノススメ 原作

【三十九~四十三合目】《テント泊》宝剣岳~木曽駒ヶ岳

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな、ほのか
  • アクセス:菅ノ台バスセンター-〈路線バス〉-しらび平駅-〈駒ヶ岳ロープウェイ〉-千畳敷駅
  • コース:千畳敷駅→千畳敷カール→宝剣山荘→宝剣岳(2,931m)→宝剣山荘→天狗荘→中岳(2,925m)→駒ヶ岳頂上山荘→木曽駒ヶ岳(2,956m)
  • 備考

ヤマノススメ単行本5巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 宝剣岳~木曽駒ヶ岳

ヤマノススメ聖地巡礼 – 霧ヶ峰

ヤマノススメ 原作

【二十四・二十五合目】霧ヶ峰〈車山〉

  • メンバー:あおい、ひなた、あおい母、ひなた父
  • アクセス:〈ひなた父の車〉車山肩駐車場
  • コース:車山肩駐車場→沢渡→鎌ヶ池キャンプ場跡→物見岩→蝶々深山→車山乗越→霧ヶ峰〈車山〉(1,925m)→車山肩駐車場
  • 備考:山頂(アニメでは物見岩)でひなた父は袋ラーメンを作る

ヤマノススメ単行本4巻に収録されています

ルート地図

ヤマノススメ アニメ

【第2期/新十四合目】霧ヶ峰〈車山〉

  • メンバー:あおい、ひなた、あおい母、ひなた父
  • アクセス:〈ひなた父の車〉車山肩駐車場
  • コース:車山肩駐車場→沢渡→物見岩→車山乗越→霧ヶ峰〈車山〉→車山肩駐車場
  • 備考:物見岩で昼食、ひなた父は袋ラーメンを作る

巡礼記録

日程:2017年9月3日[日帰り]
コースタイム:車山肩駐車場 12:4413:04 沢渡→13:28 鎌ヶ池キャンプ場跡 13:2913:31 ゼブラ山・蝶々深山分岐→13:55 物見岩 14:0414:18 蝶々深山→14:31 車山乗越→14:43 車山高原リフト山頂駅 14:4414:46 霧ヶ峰 14:5215:17 車山肩駐車場

ルート地図

写真

蓼科山のついでに霧ヶ峰も探訪
アニメで紹介された車山肩から時計回りで最後に車山に登るルート

車山肩バス停から時計回りで霧ヶ峰を周回

車山肩バス停
車山肩バス停

ビーナスライン沿いの車山肩バス停から、車山方面を眺め見る
白い気象レーダーのドームが小さく見えて、手前には車山の車輪モニュメント

車山肩の駐車場
車山肩の駐車場

車山肩の駐車場
ビーナスラインツーリング中に寄っただけの観光客も多いので、満車でも少し待っていれば停められると思う

車山肩の入口
車山肩の入口

ハイキングコースの入口から東側に行けば、1時間ほどで車山山頂へ行って帰ってくることもできるが、せっかくなので時計回りの周回コース(ヤマノススメに出てきたルート)を歩くことにした
なので、車山山頂は一番最後

車山肩の入口
車山肩の入口
マツムシソウ
マツムシソウ
アキノキリンソウ
アキノキリンソウ
シモツケソウ?
シモツケソウ?
ツリガネニンジン
ツリガネニンジン
ウメバチソウ
ウメバチソウ
マツムシソウ
マツムシソウ
ハイキングコースの下り
ハイキングコースの下り
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
沢渡
沢渡

沢渡で一旦舗装路を歩いて、またハイキングコースへ

八島湿原沿いの砂利道
八島湿原沿いの砂利道

八島湿原までは行かずに手前の砂利道を通って北へ

シカの進入禁止ゲート
シカの進入禁止ゲート

シカの食害から高山植物を守るゲートの中へ入る

ツリガネニンジン
ツリガネニンジン
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
鎌ヶ池キャンプ場跡
鎌ヶ池キャンプ場跡
鎌ヶ池キャンプ場跡
鎌ヶ池キャンプ場跡
物見岩までは登り
物見岩までは登り

しばらく登り

物見岩

物見岩
物見岩
物見岩
物見岩
物見岩の休憩スペース
物見岩の休憩スペース

物見岩前の広いスペース
360度眺めが良い

遠くまで続く道
遠くまで続く道

遠くまで続く道

車山乗越
車山乗越
蓼科山と八ヶ岳連峰
蓼科山と八ヶ岳連峰

蓼科山から北八ヶ岳連峰がハッキリと見える

車山への階段
車山への階段

車山に登るための坂&階段が意外とハード

車山の山頂へ到着

車山神社
車山神社
車山神社
車山神社
車山山頂のパノラマ
車山山頂のパノラマ
車山山頂
車山山頂
気象レーダードーム
気象レーダードーム
車山のモニュメント
車山のモニュメント

車山から下山して駐車場に戻ってきた

ヤマノススメ 聖地巡礼リスト に戻る

ヤマノススメ聖地巡礼 – 蓼科山

ヤマノススメ 原作

【百八~百十合目】蓼科山

  • メンバー:あおい、ひなた、ほのか
  • アクセス:高崎駅-〈ほのか兄の車〉-蓼科牧場ゴンドラリフト乗り場-蓼科牧場ゴンドラリフト終点
  • コース:蓼科牧場ゴンドラリフト終点→蓼科山7合目登山口→蓼科山荘(将軍平)→蓼科山(2,530m)→蓼科山荘→蓼科山7合目登山口→蓼科牧場ゴンドラリフト終点-蓼科牧場ゴンドラリフト乗り場
  • 備考:ほのか兄と彼女とはゴンドラリフト終点まで同行。帰りはバスで

ヤマノススメ単行本15巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 蓼科山

ヤマノススメ聖地巡礼 – 谷川岳

ヤマノススメ 原作

【三十~三十二合目】《山小屋泊》谷川岳〈トマの耳、オキの耳〉

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな、楓、ほのか(天神平から)
  • アクセス:土合駅(下りプラットホーム)
  • コース:土合駅→谷川岳遭難者慰霊碑→土合口駅/谷川岳ベースプラザ-〈谷川岳ロープウェイ〉-天神平駅-〈天神峠ペアリフト〉-天神峠→肩の小屋→トマノ耳(1,963m)→オキノ耳(1,977m)→肩の小屋(小屋泊)
  • 備考:天神平でほのかと出会う。肩の小屋にデポして山頂へ。小屋での夕食後、ここなの誕生日をみんなで祝福

ヤマノススメ単行本4巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 谷川岳

ヤマノススメ聖地巡礼 – 伊吹山

ヤマノススメ 原作

【六十合目】伊吹山

  • メンバー:あおい、楓、あおい父、あおい母
  • アクセス:米原駅-伊吹山上野登山口
  • コース:伊吹山上野登山口→伊吹山一合目(伊吹高原荘)→伊吹山六合目避難小屋→日本武尊像(伊吹山)→伊吹山(1,377m)→伊吹山上野登山口-伊吹薬草の里文化センター
  • 備考:米原駅で楓をピックアップし伊吹山登山口の駐車場へ。山頂での昼食はコンビニで買ったご飯。下山後は伊吹薬草の里文化センター(ジョイいぶき)の薬草湯に入浴

ヤマノススメ単行本9巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 伊吹山

ヤマノススメ聖地巡礼 – 瑞牆山~金峰山

ヤマノススメ 原作

【五十二・五十三合目】《テント泊》瑞牆山~金峰山

  • メンバー:あおい、ひなた、ここな、楓
  • アクセス:東飯能駅-〈スーパーあずさ〉-韮崎駅-〈バス〉-瑞牆山荘バス停
  • コース:瑞牆山荘→富士見平小屋(テント設営)→瑞牆山(2,230m)→富士見平小屋(テント泊)→金峰山(2,599m)→富士見平小屋→瑞牆山荘
  • 備考:前日あおいとここなで料理の仕込み、当日はあおいが寝坊で遅刻。瑞牆山頂上でトマトクリーム鍋とホットドッグを作って食べる、夕食は袋ラーメンにコンビニおにぎり投入。2日目、荷物をテン場に置いて金峰山へピストンするも、ヒザを痛めたひなたと付き添いのあおいは登頂を諦めテン場に戻る

ヤマノススメ単行本7巻に収録されています

続きを読む ヤマノススメ聖地巡礼 – 瑞牆山~金峰山