SkypeのSkypeInまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SkypeのSkypeInまとめ
Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]

Skypeから一般回線や携帯電話にかけることができる有料サービスSkypeOutは実際に使ったことがある人も多いとおもうけど、一般回線などから電話をかけることができる電話番号をもらえる有料サービスSkypeInを試した人が周りにいなかったので、人柱になってみた。

まとめ

  • 価格は3ヶ月で1500円、1年で3000円(但し、SkypeProの契約がない場合は、それぞれ2250円と7500円)。クレジットカードなどでプリペイド。
  • 電話番号は3桁程度の組み合わせなら自由に選べる
  • フュージョンの番号が割り当てられる(050-5500-xxxx?050-5539-xxxx)
  • Skype宛てに電話をすると「インターネット経由で接続します」のアナウンスが流れる
  • Skypeから発信すると非通知

非通知って・・・。電話の代用としてSkypeInを考えてるならやめたほうがいい。

SkypeOutを1年分契約した後だけど、フュージョンがサービスしてるフォンP’(ピース)ってのがあったので、こちらも試してみた。

まとめ

  • フォンP’のアプリをインストールして常駐しないとだめ。Skypeとほぼ同じ機能をもつけど、こなれてない感じ(よくいえば初心者が扱いやすい)。ただ、標準で4人の同時ビデオチャットができるとこはSkypeよりいいんじゃない
  • 初期費用とか基本料金なしで電話番号がもらえる。フュージョン系なら無料(SkypeInあてなら無料!但し、SkypeInからの発信はSkypeクレジット取られたTT)。クレジットカードで後払い。
  • 申し込んでから3日くらいで契約書が届く、それから使えるようになる
  • 非通知じゃない!!
    ってな具合で、常駐させるのが苦にならないならオススメなサービス。Skype使う必要性がないなら、会社でこっちをプッシュしたほうがよかったかもなぁ。
    フォンP’とはまた別にフュージョンでSkypeという中間的なサービスもあるみたいだけど、こっちは初期費用と月額料金が必要みたいです。

突然、050番号が2つも増えてしまったわけで、なんか面白い使い道でもあるのかなぁ。


タグ: ,

コメントは受け付けていません。